行っては戻り、行っては戻り。

 

KIMG1088

 

この時期、夕暮れになると、
山口のデスクにちょうど西日があたります。
事務の堀田さんが、気を聞かせてブラインドをおろしてくれようとしました。

 

堀田さん
「眩しいですよね?」

山口
「シャインプロデューサーなんで、眩しくないです」

 

・・・(沈黙)

 

思いついたことを言えばいいわけじゃないですよね。
ついつい、素直に「はい! お願いします!」が言えない山口です。

 

今は、
西日にも気づかないくらい、行ったり来たりしています。

どこを?

それは、企画と目的です。

 

KIMG1087

 

以前、メルマガでこんなことを書かせていただきました。
 ■もうひと工夫するためには、一度目的に立ち返るべき
 イベントの企画がある程度煮詰まってくると、何かもう一つ足りないなぁ、
 もうひと工夫できないかなぁ、と思う瞬間があると思います。

 そう考えることはとてもいいことです。

 でも、一つ気をつけていただきたいことがあります。
 その時には、必ず、イベントの目的に立ち返って、その目的を達成するた
 めの企画になっているかを考えること。

 例えば・・・
 
 その日のうちに受注をするため
 →ご夫婦2人で来てもらう工夫が必要だよね!
 →そのためには・・・

 顧客のランクアップのため
 →実際に家を建てたオーナー様の声を聞かせたいよね! 
 →そのためには・・・

 など、まず目的から考えるのです。

 

今日は、提出したもののフィードバックがたくさんある日でした。
進化させなければいけない企画、やり直しの企画。

いずれにしても、
今一度、目的に立ち戻って練り直し。

「そうそう、これが欲しかった!」

をつくってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>