世界から戻ってこれない

直木賞を受賞した、「蜜蜂と遠雷」を読んだ後。「久しぶりにあの本を読み直したい!」と思い、2日間で読了した「チョコレートコスモス(著:恩田陸)」。

 

「蜜蜂と遠雷」もおもしろかったのですが、僕はこっちの方が好きですね。

改めて読むと、マジで興奮しかないです!

 

 

(以下Amazonページより引用)

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。これは戦いなのだ。知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかを──。少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう! 興奮と感動の演劇ロマン。

(引用ここまで)https://amzn.to/2AZ0QZP

 

恩田陸作品は昔から好きで、過去作は結構読んできました。

その中でも何が一番好きか?と言われたら、僕はこの作品を挙げます。

臨場感と、心理描写、作中のテンポ。

一度読み始めると、夢中になり過ぎて、作品の世界から戻ってこれなくなります。

 

そこまで人間の心を揺さぶるって、文字の力って凄いですよね。

 

「続編はまだか!!!」

 

と、数年前に読んだ時も思ったのですが、未だに続編は出ていません。(本来3部作になる予定らしい)

 

(結局、続編は無いのかなー)

 

と、ダメもとで調べてみると・・・

 

[文春オンライン]
「ジャンプ」「サンデー」「マガジン」で育ったがゆえの刷り込みとは?──恩田陸 (後篇) #恩田陸 #直木賞 #蜜蜂と遠雷 http://bunshun.jp/articles/-/1495

なんと!!

続編を今書いているとのこと! しかも最後の部分を書いているだって!!

 

今年か来年には、読めたら嬉しいですねー。

という訳で、めちゃくちゃテンションの上がった昼休みでした。

 

続編が楽しみです。

 

 

言葉とは洗脳

本を読んでて気が付いたことがある。

言葉ってのはつまり、洗脳とも取れる。

以下はkindle経由の引用です。

私は『みかづき (集英社文芸単行本)』(森絵都 著) を読んでいます。この引用をシェアしたいと思いました。

“「マスコミの自作自演ってところもあるんじゃないですか。まずは言葉ありき。教育ママって言葉が流行れば、人はそれを使いたくなる」「たしかに、受験戦争だの受験地獄だのって騒ぎだしたのも、もともとマスコミの連中ですもんね」”

無料サンプルはこちら: http://a.co/cvSMclJ
——–
お使いの端末にKindle無料アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りの本をお楽しみいただけます
http://amzn.to/1Q5Luz3

 

これ本当にそうだなーと思う。

我々は言葉によって、意識を支配されてる。

言い換えれば、言葉によって洗脳されて、操作されている。と妙に納得した。

言葉の力って、凄い!

 

 

例えば、記憶に新しいのは「マジ卍」。(ちなみに10代の子達の間では既に死語になっていると聞いた)。

この言葉が出てきて話題になったら、とたんに皆「マジ卍」を使いたがる。

それで広まったんだと思う。ある種、意識操作だ。

 

 

これは自分にも置き換えられる話で、実は僕には日本名がある。

ハングル名「金 隆宏(きん・りゅんげん)」
※ちなみに何度も言うがオレは「りゅうげん」じゃないっつーの。

日本名「金光 隆宏(かねみつ たかひろ)」

※良く考えたら名前が二つあるって、なんか得した気分!

 

 

僕たぶん「金光」を使って生活してたら、自分が韓国人で朝鮮民族だってこと忘れるでしょうね。だって日本で生まれ育ってますから。

実は日本名を使わない理由もそれです。

 

 

・そもそも在日だと隠していない。(隠している人が実は大勢います)

・自分の民族は誇りに思ってる。(でも特定の国を支持はしていない)

・国籍は変えられても、血は変えられない。

 

 

こういう理由でハングル名を使ってる。

イッツ、シンプル!

 

 

体感してる身としては、妙に納得度が高い。

そういえばゲームのメタルギアソリッド5でも、「言葉を使った兵器(声帯虫)」が出てきてたなー。小島監督自身が、言葉がいかに人間の意識を支配するのかをわかってるから、思いつく発想なんだろうなー。

 

 

そう考えると、人間は言葉によって意識を支配され、操作されている。

って仮説は、あながち間違いではないのかも。

言葉が脳に信号を送って、その通りに体が動くようになっているんだと思う。

プログラミングの役割を果たしているんだろうな。

 

 

とすれば、言葉って凄く諸刃だ。

使う言葉によって、自分が良くも、悪くも洗脳され、操作される。

使う言葉によって、相手が良くも、悪くも洗脳され、操作される。

使う言葉には、気を付けて行きたいですね。

 

 

いずれにせよ、自分の利益の為だけに、言葉で人を騙そうとしたりするやつにはなりたくないと思った、ひどく暑い夏。

 

メール要らないんじゃね?

最近思うのですが、日々の仕事の連絡ってLINEで充分ですよね。

とっとと会社メールを廃止して、連絡全部LINEでやりたいくらいです。

よく連絡する人に毎回「お世話になっております」って書くのも、お互い無駄に時間使いますし。

 

全部LINEにしたら電話する必要も、ほとんど無くなるし良いですよね。

(最近電話は人の時間を無神経に奪う。というのが、わかってきました)

 

無駄な事はとっとと無駄と認識して、どんどん変えて行きたいです。

 

 

 

年100回話して気づいた人前で話すコツ

毎週どこかしらの場所で研修をしています。

昨日も研修で7時間、ずーっと喋りっぱなしでした。

 

年間平均100回を超えるほど話すようになって、数年が経ちましたが、実は人前で話すのは未だに緊張します。

 

「話するのが上手いですね!」

 

と、ありがたいことに言ってもらえるのですが、

そんなことありません。

 

 

ぼくは、話すのが下手なんです。

でも、プロとしてお金を貰いながら、多い時では100人くらいの人の前に立って、研修や講演を年間100回以上やれてます。

(まぁ、100人規模は年に1回くらいですけどね!w)

 

 

そして、その中で気づいた「人前で話すコツ」があるのを、知っています。

今日はそのことについて、皆さんにおすそ分けします。

 

 

■そもそもなぜ、人前で話すのが苦手なのか?

 

 

沢山の人の視線と気配が、自分一人に向けられる。

多くの人にとっては、そういう機会が日常の中に少ないものです。

 

 

沢山の気配が自分に集中すると、人間はある種の恐怖を感じるものです。

酷い時には、体が震えてしまうほど。

人が放つ気配って、実は凄いエネルギーを持ってるんですよね。

たったそれだけで、人間を恐怖で震えさせてしまうんですから。

 

 

何を隠そう、ぼくも未だにその恐怖と闘っています。

研修では、7時間くらい喋りっぱなしです。

その間、全員がずっと、ぼくを見てるわけです。

そりゃートイレも近くなりますよ(笑)

 

 

今でこそ7時間も話せるようになりましたが、昔は酷いものでした。

社長に「この部分、オレの代わりに説明してみて」と言われて、

説明を始めるも、終始しどろもどろ。

3分も持たずに撃沈したことがあります。

 

 

「ぜ、全員・・・オレを見てる・・・」

 

 

自分に向けられた大勢の人の気配。

プレッシャーと緊張。

それに耐えきれず、あがり散らしていました。

 

 

■恐怖に打ち勝ち、人前で話すコツ

 

ではどうやってその恐怖と立ち向かうのか。

答えはシンプルです。

 

 

事前に話す練習をしましょう。

 

 

は?たったそれだけ?

と思うかもしれません。

 

 

でも、300回以上人前で話して気づいた、一番大切なことです。

 

 

人前で話すことは、スポーツで言う「試合」と同じです。

試合が始まったら、終わるまで後戻りできませんよね?

やるしかないんです。

 

 

それに、試合で良い成果を出すためには、練習が必要ですよね?

「相手がこう動いたら、自分はこう動いて、こう来たら、こうして・・・」

と、試合を想定して延々練習すると思います。

 

 

人前で話すのも、同じです。

 

 

即興で3分話すだけでも難しいんです。

だったら事前に練習するしかない。

 

 

何を隠そう、ぼくも未だに話す練習しています。

2時間の講演をする時は、多い時で6時間くらい。

実際に声を出して、本番と同じ内容を話すことに時間を割きます。

何度も話している内容だとしても、練習します。

前日と移動中には、イメトレもしています。

 

 

そもそも、プロの落語家だって、高座の前に稽古をしています。

落語家ですら練習するんですよ?

それくらい人前で話すって、難しいんです。

 

 

「自信」とは、自分を信じると書きます。

 

 

「これだけ練習したから、大丈夫!」

そうやって、自分を信じられる段階まで持っていく。

そうしないと元来話が下手で緊張しいな、ぼくみたいなタイプは、

自分に向けられた沢山の人の気配に、押し潰されてしまうんです。

技術の前に、気持ちで負けてしまうんです。

 

 

事実ぼくに「どうやったら話が上手くなりますか?」と、相談してくる方のほとんどが、ぼくより話が上手い人です。

でも皆さん、話す技術の前に気持ちで負けています。

 

 

練習をすることで、恐怖に打ち勝つ「自信」を持つ。

それが人前で上手に話すための、大原則です。

 

 

大事なプレゼンや、イベントの司会・スピーチ、セミナー講師など。

任された人は参考にしてみてください。

練習に勝るものは無いです。

(出来れば誰かに“観客役”で練習に付き合ってもらえたらベスト)

 

たったこれだけで、人生変わります。

なにより、話を聞いてくれる相手が、喜んでくれますよ。

 

 

ゴールデンプロデューサー 金 隆宏(きん・りゅんげん)

読書好きがiPadを買うべき3つの理由

IMG_2775

 

この中にどなたか、読書好きな方はいますか〜!

遅ればせながら小生、iPad(第6世代9.7インチ)デビューしました。

Apple製品は好きで、これまでiPhone、Macbook、Applewatchと使ってきましたが、iPadには手を出していませんでした。

なぜなら、使い道がわからなかったから! 買って満足して、ネットサーフィンにしか使わなそうだったから!

 

そういう人、実は多いんじゃないでしょうか? もしくは、数年前に買ったけど、タンスの肥やしになっている!って方も(笑)

 

数日使って思いましたが、iPad超おススメです。特に読書好きの方には!

僕は使用3日目にして、「もうずっと手放せないだろうな」と確信しています。

なぜiPadが超オススメなのか、順を追って説明しましょう。

 

 

iPadが超おススメな理由その1. 本を全部持ち運べる!

「あ、久しぶりにあの本読みたい」と、ふと思う瞬間ってありますよね。

しかし!読みたいと思っても、手元にその本が無い!家に帰らないと読めない! そんな切なさとは、きっと永遠におさらばです。何故なら、iPadに全部入ってるから!

僕がiPadを買った理由の一番はまさにこれで、iPadを「持ち運べる本棚」にしたかったんです。

音楽も本も、自分を構成する大切な一部。だから常に一緒に在りたいじゃないですか?

近々持ってる本をブックスキャンに送って、全部デジタル化しようと思います。
これでいつでも、本が読める!

 

iPadが超おススメな理由その2. 圧倒的な読みやすさ!

「スマホでも本は読めるじゃん」と思っているあなた!ちょっと待って! 確かに僕もiPhoneアプリでKindle使ってましたが、大違いです。

iPadで読むと文字と余白(余白の大きさ超大事)が大きくて、本がめちゃくちゃ読みやすいんです! 「本読むの楽しいなー」と、しみじみと実感したのは数年ぶりの体験。

あと、読書好きな方はわかると思いますが、ハードカバーの本って手が疲れません?あと移動中に読みにくくないですか?僕はそれが理由で、読みたい本があっても、文庫になるまで待っていました。

そんな悩みもiPadが一発で解決してくれました。薄くて軽くて、ストレスフリー!

しばらくは文庫になっていない、ハードカバー物の本を沢山読みたいと思っています。

 

iPadが超おススメな理由その3. なんかカッコ良い!

大事、これ大事! ミーハー心は超大事!w

僕は昔からApple製品好きでしたが、Apple製品ってカッコ良いじゃないですか!?

持ってるとテンション上がるじゃないですか!?

Apple製品は、僕のライフスタイルもデザインしてくれています。

「お気に入り」の物を持っているって、人の心を豊かにしてくれると思うんですよね~。

 

という訳で、使用4日目にして絶賛iPadを楽しんでします。他にもおすすめポイントはありますが、また別の機会に。

 

仕事面でも大活躍で、ペーパーレス化も進めていますし、いずれは講演とか研修とかも、パソコンじゃなくて全部iPadでやろうと計画中です。使い道が色々あって、楽しみです。

 

iPad未経験の皆様、是非試してみては?

 

img_2776.jpg

後からApplePencilも買いました。
普通のペンで文字を書く感覚とほとんど変わりません。
メモ調として、大活躍しています。
(今のところキーボードは要らないかも)

 

自分の強みはなんぞや?

本屋さんで「さぁ、自分の才能に目覚めよう」という本が平積みされているのを見かけて以降気になっていた「ストレングスファインダー」という診断をやってみました。何やら流行っているらしいですね。

(引用ここから)
ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダー®における「才能」は次のように定義されます。

『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』
すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」だと言うのです。(引用ここまで)
出展:https://heart-lab.jp/strengthsfinder/

診断が全てでは無いと思いますが、自分とは何なのか?と、考える機会が増えたので参考にしようと思い、本を購入(購入したら診断が受けれます)

で、僕の診断結果の上位5つがコチラ。

Image-1

各適性の詳細も診断すると見れるのですが「へー、そうなるのかー」と、自分を客観的に見る良い材料になりました。あくまで資質の分析をしてくれるだけなので、この診断結果が良いか悪いかはわかりません。

この資質を自分がどう活かすのか?が全てです。

診断結果見て笑ったのは5番目の「自我」、どうやら僕は人に認められた意欲が強い様です!w あんまり意識はしていませんでしたが、言われてみれば確かにと思う事も多々あるw ただ、どちらかと言うと「人に認められたい」よりも、「モテたい」のが方が正しいんですけどね!www

・自分の強みがわからない

・自分には何が出来るんだろう?

とか、興味のある方は、本を買ってみて診断してみると、一つの判断材料になるかもしれませんよ!

スピーカーをゲット!

IMG_2754

 

我が家にワイヤレススピーカーがやってきました! イェー!!

愛用しているbeats のpill+というシリーズなのですが、他モデルと同様に低音がシッカリなるので「ズン♪ズン♪」という音の気持ちよさを味わっています。

イェー!

スピーカー単体を買うのは初めてなのですが、やっぱり初めてのモノを買う時って、慎重になりますよねー。amazonのレビューを暇さえあれば何回も見て、それでも「大丈夫かな、本当に良い音するかな?」と心配で、ヨドバシカメラに出向いて、実機を試しましたもん。

(そう、僕はただの小心者ですw)

で、ウキウキしながら家に帰ってスピーカーを鳴らした時のあのワクワク感!

買い物って良いですよね!

これで家でもまた音楽が楽しめます、理屈抜きで好きでいられる物があるのは、幸せな事ですね。

 

 

 

「やり方」と「在り方」の狭間で

「やり方」を考えてばかりだと「在り方」がブレる。

そういう気分になる事も、まだまだある。

最近はやり方を沢山考えているから、余計だろう。

でも、やってみて思ったのは、「やり方」を考えて「在り方」に迷いが生じるんだったら、自分の思っている「在り方」が全然大したことない。

その程度ということ。

 

でも迷うっていうのは面白いもんで、別に悪い事でもない。

散々迷うなかにも、自分の中で大事にしたい物が思い浮かぶ。

自分はいつもそれが音楽だ。

それくらい、自分にとって当たり前だし、大事なことなんだと、毎度思う。

 

自分は音楽に恩返しがしたい。

と思っている事は、唯一ぶれない事だ。

じゃあどう恩返しするのか?

 

「やり方」と「在り方」の狭間で、もがいて動いて、やり切れて死ねたら最高。

 迷い続けたいと思った、春。

『あさひなぐ』を読んで観る

img_2742.jpg大好きな漫画の一つに『あさひなぐ』があります。(イントネーションは「あしだまな」を経て、「つのだ☆ひろ」と同じらしい)

 

薙刀(なぎなた)を題材にした、スポーツ(武道?)漫画です。めっちゃくちゃ面白いです。4〜5年前に知ってずっと読んでいるのですが、この漫画去年、乃木坂46主演で映画化されましたね。

 

ですが、僕映画観てなかったんですよ。

「漫画の実写化でしかもアイドルが主演? 面白いかどうか怪しい・・・乃木坂のプロモーションに利用されてせっかくの素晴らしい漫画が駄作に仕上がっているのでは・・・」と、謎の勘繰りを発揮してました。

 

しかし先日、たまたまケンドーコバヤシがなにかのラジオで「むちゃくちゃ良かった!」と言っていたのを聞いて、「あさひなぐ好きのケンコバが言うなら間違いないだろう」と映画をレンタル。

 

結果・・・ むちゃくちゃ良かった! 原作知っている人も、充分に楽しめる内容でした。

特に印象的だったのは、薙刀の所作って実写で見るとたしかに美しい。

原作でも所作の美しさに触れる描写があったのですが、実写で観て納得しました。ホントでしたね。

お話もちょうど良い塩梅でまとまっていて、観て損は無い映画でした。

 

そして、なにより乃木坂が可愛かった!w

初めて乃木坂を画面でまじまじ観ましたが、「そりゃー世の中の皆さん騒ぐでしょうね!」と、今さら思わさざる得ない可愛さでした。

思わず観終わったあとに、「西野七瀬」でググりましたもんwww

いろいろ疑ってごめんなさい!

(ちなみに主人公の東島旭役が鬼ハマりしていました)

 

僕は心折れそうになったときは、原作3巻を読み直してます。

映画で合宿をしていたシーンですね。

数少ない、人の真っ直ぐな一生懸命さに涙が流れる作品なので、是非原作も色んな人に読んでもらいたいなーと思う春です。

逃げも隠れも出来ない、己対己

img_2732.jpg

旅のお供は「オレが読まずに誰が読む!」と思わずにいられないパンクス必読の一冊。

数か月前にパナソニックエコソリューションズ創研様の客員講師になったのですが、先週の金曜日、その一発目の講演がありました。

主催はパナソニック様兵庫住建営業所様です。ありがとうございました。

 

講演って、研修で喋るのとは勝手が違って、別の刺激があります。

 

講演させてもらうと毎回思うのですが、自分自身をごまかせません。

誰も助けてくれませんし、喋るのを止めることも出来ません。

 

だからなのか、自分自身の腹の奥底まで、全て見透かされている様な気分になります。

それくらい、聞いている方々の意識が自分に向いているからなんだと思います。

 

この日もそうで、とても不思議な気分になりました。

もちろん独りで喋るとは言え、そもそも講演って聞いていただいている方とのコミュニケーションでもあります。

でもなんというか・・・己対己。という感覚が、自分の中の何処かにある気がしています。試合とか、決闘に違い感覚です。

 

講演をすると不思議と、自分の中の精神性や、在り方をもっと高めなくてはという気分になります。それくらい、精神的にドンと構えていないと成り立たないと、本能的にわかっているからなんだと思います。

 

この先も決まっている講演のお話がありますので、その時までにまた何処まで自分を高められるか、やれるだけやってみようかと思います。

★<以下、当日のアンケートです>★

パナソニック(株) 兵庫住建営業所様主催 「住まいパートナーズ」会合:2018年6月8日 講師:金 隆宏

 

■株式会社W  H様

様々な事例を元にお話し頂けたので、とても分かりやすかったです。

“消費者の価値観が変わってきている”という話はとても共感します。

特に我々住宅業界は金額も大きく、他の業界(業種)に比べても消費者を動かせるコトやモノは必要かつ重要だと思います。

自分はマーケティングを担当していますが、全く関わりのない職種の方にこそ、もっともっと聞いて頂きたい内容だったかと思います。

ありがとうございました。

 

■有限会社小田製材所  小田 達也様

仕事はありますが、人で買っていただいているので自分が打ち合わせにまわらないといけない思いがあり、結果、手が廻りません。どうすれば?

HPに顔写真が必要なのは分かっていますが、ブランドを高めて一棟の単価を上げていきたい。

 

■株式会社H  D様

日頃している事がやはり大事な事と思いましたが、もっともっと能動的に動き、意識的に

組織的に動きたいと思います。

 

■株式会社A  A様

大変勉強になりました。

 

■有限会社おがた工務店   緒方 幸重様

同じ思いでやっています。

 

■株式会社H  D様

今後の取り組み方について、ためになる講義でした。

社員育成から全員の熱い想いをエンドユーザー様に伝えていけるよう、色々な対策を練っていきます。

 

■株式会社W  H様

大変勉強になりました。

応援される会社を造っていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

■株式会社W  N様

イベント企画を行う際の勉強になりました。

また営業活動の為にもなりました。

ありがとうございました。

 

■有限会社S  H様

自分のしている事と同じで共感できた。

 

■有限会社M  M様

適切な自己開示という良いヒントをいただきました。

大変参考になりました。

 

■株式会社S   N様

本日は有難うございました。

大変役にたつお話でした。

 

■株式会社S  M様

実際に取り組んでいる事に自信を持ったり、新しい発見がありました。

ありがとうございました。

 

■株式会社S  S様

勉強になりました。

 

■有限会社O  O様

有難うございました。

 

■S株式会社  I様

価値観、想い、使命感、とても勉強になりました。

仕掛けの大事さもとても勉強になりました。