親を祝う

img_2661.jpg

本邦初公開の両親(僕のとなり)と叔母(最右)
※勝手に写真出すとみんな戸惑うと思い、雑に隠してみましたw
(巷のリア充の様に可愛げなスタンプで隠すテクは不携帯)

昨日はお休みを頂いて、母親の還暦祝いと、日ごろお世話になっている叔母へのお礼を込めて、横浜でお食事をしてきました。

諸々事情があり、還暦から1年経過してのお祝いになりましたが、親孝行なんて全然出来ていないので、喜んでもらえて何よりでした。(残念ながら我が兄は都合により参加出来ず)

 

親孝行って、皆さんしていますか?

恥ずかしながら僕は、親孝行と言われる様なことは今回が初めてです。

最近になって思うのですが、丈夫に生んでくれた両親にはマジで感謝ですねー。

ここまで生きてこれているのもそうですが、25歳の時に車に轢かれた時も、ほぼ無傷だったのは、まさに両親が丈夫に産んでくれたからこそ。

“お陰様”で楽しく生きれてるんだなーと、帰り道に勝手に考えていました。

 

しかし、そのまま一日を終われば良い物の、「バカは不幸が好き」の言葉の通り、やってしまいました。

 

(帰り道)「よし!今日は少しで良いことをした気がするから、夜はカップラーメン死ぬほど食べても良いだろう!一回くらい暴飲暴食したって、太りはしないだろう!黒烏龍茶飲めば問題ないだろ!」

 

と、謎の理由付けをし、ダイエット中にもかかわらず「食べてストレス発散をしたい!」という欲求も重なり、昼の優雅な食事とはうって変わって、夜は蒙古タンメンのカップラーメン+納豆巻+セブンの唐揚げ棒を食べてしまいました(笑)

 

お腹いっぱい!幸せ!と思ったのは一瞬で、翌朝の身体の重さったらなかったです。こういうことするから、痩せないんですよねー・・・気を付けます。

(バカは不幸が好きというのは、本当ですね)

 

次は両親を温泉旅行にでも連れて行ってあげようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)