暑い

最近暑くなってきました。

この前まではずっと雨だったのに急に晴れだして、梅雨か初夏かよくわかんないですね。

気圧変動で頭痛くなって、一瞬コロナに感染したかと思う日々が続いています。

去年、着てたTシャツを着ようと思い、タンスからだしたのですが、どれもヨレヨレで、とても着ようと思わない。そこで、Tシャツ作ることにしました。

これ去年もしてたんですけど、楽しいですね。

有名なロゴをちょっといじって自分なりにアレンジしたりとか、自分の好きなもの同士を組み合わせて描いてみたりとか。

今年はよくIKEAに行ったので、IKEAのあの青と黄色のロゴをちょといじって、デザインしてみようと思いました。

分析されました。

ある転職サイトが行っている質問や問題に答えてその人が能力や性格を分析するやつをしました。

結果は、能力は高いが性格が変わっていると出ました。

知的能力は、上位20%くらいでちょっと嬉しかったのです。

性格・価値観分析は、現状に満足せず変化・変革を好むという変革性の項目が上位2%となり、粘り強くやり続けるという持続性が下位2%でした。

訳すと、新しいことにはやる気があってなんでも挑戦するけど、飽きたらやめるということです。

 

この結果を見て山口さんは褒めてましたけど、自分が上司で部下がこの結果なら扱いが難しすぎて笑っちゃいますね。笑

なので性格変えます。

 

 

5月は中だるみの時期

学校の授業を受けて、カフェで課題をして、家でゲームをするという生活を繰り返して、1ヶ月半ぐらい経ちました。

授業にも慣れて、雨も多くなり中だるみの時期になったなと思いました。

先日、初めて授業を寝坊して欠席してしまい、課題の提出にも追われるようになったからです。

この状況を打開すべく、何か新しいことを始めようかなと思いましたが、何をするにもだるい時期なので何も始める気になりません。

能動的に動くことができないので、最近は自身の行動に対して、ルーレットを回して決めるようにしています。携帯アプリです。

例えば、学校帰りで、明後日までの課題を今日するか、家に帰ってゲームするか、とか

自分のしたいことと後回しにしたいことを選択して、二分の一で確率でするようにしています。

 

こんな感じで5月を乗り越えようかなと思っています、

 

田舎に旅行に行きました

茨城に別荘をもつ友達と一緒に4人で小旅行に行きました。

茨城の観光スポットに行くためではなく、田舎の家に泊まると言うような感覚での旅行です。

東京から車で片道3時間ほどで着くのですが、都会とは違い、コンビニまで歩いて30分かかるほどの田舎です。

そこで、東京では味わえない空気や、自然の豊かさを楽しんできました。

美味しいものや、美しい風景をみたり、味わったりと言うわけではありませんでしたが、このような旅行も良いものだなと思いました。

英語の勉強はじめました。

きっかけはひろゆきという著名人の動画です。

エンジニアを目指す上で英語を知っているかいないかで多少なりとも差が出てきます。

成長速度が変わってきます。

 

なぜなら、プログラミングのほとんどの技術は日本ではなく、英語圏から生まれるので、それに関する技術書は英語で書かれたものが多く、翻訳版が出るの待つということは、最先端の技術を取り入れ続けなければいけないエンジニアにとって死活問題であるからです。

 

小学校から英語を勉強しているのになぜ使えるようになっていないのか、自分の勉強方法や学校の教育方法に疑問を持ちました。

必要なことは、アウトプットする場と自発的であることではないのかなと思いました。

 

最近では、電車での移動時間は英会話の音声を聞いたり、英語圏の方とチャットでコミュニケーションをとったりして、インプットとアウトプットの場を自分で作って勉強しています。

春休みになりました。

大学生であるが故に、春休みをむかえました。

 

大学生にとって一番成長できる時って学校がある時ではなくて、春休みだと自分は思っています。

なぜなら、こんなに暇を持て余す時期って社会人になったらほとんどないと思うんですよね。

基本的に僕は暇な時はゲームしてるんですけど、暇すぎるとそれにも飽きてきて、何かしようって気持ちになりますよね。

その時に、自分の未来の目標とか仕事とかなりたい自分について考えたんですけど、なりたい自分になるために必要なことで学校では教わらないことって少なからずあると思うんですよね。

その穴というか、方向にむかって時間をどのように使えるか考えたり行動したりすることは、暇な大学生の暇な春休みってとてもいい環境かなと思っています。

 

大学生の時にしかできないことをできるような春休みにしたいと思っています。

服作り2

最近寒くなってきました。

ショッピングや外出するにしてもコロナや寒さであまり出る気になりません。

それでも服は欲しいので、服を作ることにしました。

 

自分でデザインして、業者に頼んでプリントしてもらい、発送してもらう。

それなら、外に出なくていいし、自分好みの服を手に入れることができる。

一石二鳥ですよね。

使い方や考え方次第ではたくさんの鳥をとることはできますが、、

 

今回、僕が服のテーマにしたのは「オリジナリティ」です。

 

自分でデザインした時点で唯一無二なのですが、

唯一無二のものをモチーフにデザインすれば、「めちゃくちゃオリジナリティー」のものが完成することになりますよね。

 

この意味が分かる人は主観ですが、理系です。

 

今回モチーフにした唯一無二のものは、「思い出」です。

自分にとっての唯一無二のものって思い出に関するものかなと

 

自分の過去の記憶、その時感じたこと、思ったこと、その形のないものにデザインとしての形を与え、服として身に付けるモノにする。

このことは賛否両論あると思いますが、僕は素敵だと思います。

 

自分の好きな思い出を好きな形に変換して生活の一部にする。

これって自作でしかできない利点かなと思います。

 

 

そのようにしてできた服の画像を載せておきます。

タイトルは「ベストショット投稿風’20」

アクセサリー作りにハマっています

きっかけは好きなアクセサリーブランドです。

そこのアクセが好きで前々から欲しいなと思っていました。

twentyoneaugustというブランドなのですが、韓国のブランドで、ポップな感じとオリジナリティが好きな理由です。

見てもらうとわかるのですが、なんか自分で作れそうだなと思って真似して作ってみました。

作ったのは、ピアスとネックレスなのですが、思ったより良く

自分でデザインとか考えて作るようになり、それが楽しいと思えるようになりました。

買ったものより、自分で作ったものの方が思い入れというか、自分のお気に入りにな理やすくて、それを身に付けたりする日はいつもよりいい気分になります。

周りにも自作の服やアクセをする人が多くてその話で盛り上がったりしてます。

 

現代美術館に行ってきました

先週の土日に東京現代美術館の方に行ってきました。

 

現代美術館では現在、デザイナーの石岡英子さんの展示と科学を利用した展示の二つが開催中でした。

自分は石岡英子さんに興味がある訳でもなかったのですが、芸術や美術に触れてみたいと思い、行ってみました。

 

石岡瑛子さんの方の展示は、石岡さんの生涯を通してデザインとは何かについて、生涯の歴史とともに思考や作品を通して紹介するというようなものでした。

デザイン学や美術の知識がほとんどない自分にとって何がすごいのかはわかりませんでしたが、これが芸術であり美術であることはわかりました。

言っていることがわからない場合は、実際に行ってみるとわかると思います。

 

もう一つの展示は科学を使ったものだったので理系の自分には理解できたというか、目で見て考えて楽しむことができました。