株式会社十一屋様 (Aクラス)主催「自分で受注を取るチカラ養成研修」4回目 :2018年6月5日 講師:岡田 徹

 

★株式会社T  K様–

5ヶ月間セミナーを受講させて頂き、ありがとうございました。
私自身、プレセミナーには参加しておらず、上司からの提案でわけもわからず参加させて頂いたということもあり、一回目のセミナーに参加するまでは、不安や正直な話、少し疑いの気持ちもありました。

ですが、一回目のセミナーに参加してみて、気持ちは変わりました。

自社の今までうまくいっていなかった問題点や、自分達で気が付いていなかった自社のウリが、岡田さんのセミナーを通して考える事が出来、四回目ではセミナーを通して出来た仲間と共に、やり切ったという達成感で、自社への今後の展開や課題が見つける事が出来ました。

いろいろお世話になりまして、本当にありがとうございました。

 

 

★株式会社T I様

正直言って”やっと終わったぁ・・・”と開放感。と、共に少しだけ脱力感・喪失感・・?(は、無いはずなのに?)

とにかく悩み・考え・プレッシャーだらけの4ヶ月でした。

会社の代表というカタチでの参加だったこともあり、社内全体でセミナーの内容の概略・自社のウリ・イベントの内容・・・等を共有してもらうことが一番難しく、悩んだところだったように感じています。

そこを乗り越えてのイベントだったので、全社員で取り組め、今後も繋げていけそうかな、と前向きな考え方にもなれました。

28時間という時間をかけていただいたセミナーだっただけに、受講したことを無駄にせず、お客様のお役立ちになれるよう頑張って行きます!

そして、セミナーを通じてすばらしい楽しい仲間に出会えたことが私の「宝」になりました。

ありがとうございました!!

 

 

★川柳建設株式会社 村田徹様

4回の研修と宿題、また大分研修と、大変でしたがとても充実した5ヶ月間でした。

同じような悩みを持つ同士と意見を交換できる、滅多にない機会をあたえて頂き本当に感謝しています。

今までは、プレハブメーカーや大手ビルダーと張り合おうと、「ないものねだり」ばかりしていましたが、研修を通じて、「あるもの探し」をしっかり行って、活かして行くことが大事と気付きました。

学んだ事を実行に移す行動力も身につけながら、頑張っていきたいと思います。

会社のウリを考えた結果、会社として、また代表として自信がついたような気がします。

水がじゃぶじゃぶ出るまで、しっかり井戸を掘りきりたいと思います。

 

 

★S株式会社 N様

イベント当日、最悪のコンディションで迎えました。

何をしゃべったかも覚えていません。

後半はトイレの住人と化していました(泣)

5ヶ月に亘る勉強の成果を出し切ったとは言えませんが、結果を見れば大勢の方に笑顔になっていただけたのと、会社にとって大きな前進だったと言うことだけが心の救いです。

今日発表を聞いて、安堵感よりも次の一歩を踏み出す気持ちの方が強いのは不思議でした。

仲間(と勝手に思っています)たちとまた、何かやりたいなという思いが強かったです。

今回は「ありがとうございました」ではなく、「これからもよろしく御願いします」とあいさつしました。

 

 

★N株式会社 F様

2月からほぼ、ずっと頭をしめていたのが【ツタエル】の宿題でした。

何となくしっぽがつかめたような感じですが、全体像をつかめるようになれるか!?

私の中で一番知りたかったのが「社長の思い」。(広報担当なので)

何となく分かるような気がするし、自分が考えたものが違うとも言われたことがなかったので、だいたい社長の思いとも合っているのかと思っていたけれど、今回、他の社員も含めて、社長と語ることができて、やっぱり、社長の思いと少しずれている事がわかったのと、社長がどんな思いでいるのかが分かり、これからあまり迷わないですむなぁ、と思えるようになったのが、収穫でした。

小林社長のプレッシャーも、きつかったですが、大人になると子供の尻はたたいても、自分がたたかれることはなかなかないので、良い経験でした。

ただ、私は【ツタエル】セミナーを受講したので、せめてセミナー中は時間いっぱい講師の岡田社長の話やアドバイスが聞きたかったです。

ありがとうございました。

 

 

★中澤勝一建築株式会社 宮澤哲也様

多くの方々、仲間達に出会えたのが宝物です。

これからもお互い切磋琢磨して頑張っていきたいです。

また、ここで学んだことを落とし込んで結果として十一屋さんに恩を返したいです。

 

 

★有限会社細澤建設 大宮明子様

みなさんの発表を聞いて、更にケツを叩かれた気がします。

小林社長のおしりの痛みは、私の心にも届いています。(笑)

本当に楽しく充実したセミナーでした。

大変お世話になり、ありがとうございました。

 

 

★有限会社H H様

5ヶ月間長いようであっという間でした。それ程充実した期間だったのだと思います。

私自身、建設業とは全く無縁のところから、縁あって、現在に至っていますが、こんな素晴らしい家を創ることができる会社を、どうしたらもっと多くの人に知ってもらえるだろうか・・・と考えていた時に、小林社長からツタエルセミナーのお誘いをいただきました。

社員一同もっと受注を増やしたい! もっと多くの方に知ってもらいたい! との想いからセミナーに参加することを決めました。

自社のウリ、強み、弱み、弱みを強みに変えるなど、考えるのがとても難しかったですが、社員みんなで、自社ついて考える機会ができたことで、イベント1つ1つに対して、目的や想いなど考えて計画できるようになったと思います。

そして、何より一緒にセミナーに参加したAチームの皆様、支えていただいたパナソニック・ナイスの皆様、そしてお尻をたたいてくださった小林社長がいたからこそ、最後までやり切れたと思っています!

本当にお世話になりました!ありがとうございます!

せっかく、掘り出した井戸からしっかりお水が出てくるよう、ゼミナーで得られた気付きを忘れないよう頑張ります。

ツタエルの皆様に出会えたこと、そして出会いのきっかけをつくってくださった小林社長、本当に感謝です。

これからも宜しくお願い致します。

 

 

★有限会社大甚建設 杉田富士絵様

セミナーの間、大変お世話になりました。

セミナーだけでなく、いろいろと大変な事が重なって神経痛?になりながら、最後まで辿り着く事が出来ました。

シャルパ隊の皆様には本当にお世話になり、感謝しています。

十一屋の小林社長も1社1社の事をよく理解していて感心しました。メールの発信もご苦労様でした。

それぞれの会社が、それぞれの想いを抱きながらセミナーを終えた事と思います。

皆さんに出会えた事も1つの財産になりました。

岡田さんに教えていただいた事を常に頭に置いて、これからもがんばりたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

★有限会社大甚建設 杉田拳太郎様

自分は最後のセミナーしか参加出来ませんでしたが、普段、他の工務店さんとも仲良くする機会もあまりない中で、昨日のセミナーを通して、沢山お話しできてよかったと思います。

 

 

★有限会社D S様

ケツを叩かれながら自分達なりに必死に最後までやり切りました。

イベントを通じて自分達が得たもの。

OBのお客様の、うちに対する「あたたかい想い」。

改めて涙が出る程感激しました。もっともっとお返しをしていかなきゃ、とつくづく感じました。

4回に渡るセミナー、岡田さん、シェルパ隊の皆さん、本当にありがとうございました。

これからも、まだまだ本当のお役立ちは何なのか?掘り下げて行きたいと思います。

 

 

★株式会社M M様

(株)ツタエル岡田社長、スタッフ&サポートチーム一同様

今日は4回目最後のセミナー(発表会)が終了し、ホッとしています。

井戸は掘ったのですが、“チャリ~ン”という水がでるのは、これからだと思っています。

(これからの企画・戦略が重要であるという事は解っておりますが、一歩一歩焦らずチャレンジをして行きたいと思います。)

役立高 = 売上高 を常に考え、色々な企画にチャレンジをして行こうと思います。

また、ケツ叩きでお世話になると思いますが、宜しくお願い致します。

 

 

★株式会社永井建設 永井寛治

イベント開催・本日の発表と無事終了することが出来ました。

これも、仕事をさいてでも廻りで支えてくださった十一屋さん・パナソニックさん・ナイスさんのおかげです。

また、みなさんやってきたイベントを聞くことが出来て、大変勉強になりました。

会社の方向性がまだしっかり定まっておりませんが、自信がついたような気がします。

鬼に思えたツタエルの岡田社長さん、十一屋の小林社長のご指導のおかげです。

最後に、今回ご縁でAチームとなった皆さん、共に考えて頂きありがとうございました。

 

 

★矢嶋建築 矢嶋一也様

ツタエル 岡田さん、山口さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

まだまだ最初の一歩ですけど、なんとか4回のセミナー終わることが出来ました。

 

 

 

★S株式会社 C様

色々なセミナーを今まで受けてきましたが、今回ほど勉強になった事はありませんでした。

・「想い」を伝える

・とにかく一歩を踏み出す

・今すぐ「やれる事」「やるべき事」を行う

そして自分の使命を達成する。

仕事に限らず、人生の教訓になりました。

情熱をもってツタエル気持と笑顔で臨んで行きたいと思います。

そして何より、志を同じくする仲間に出会えた事は宝です。

ケツを叩かれすぎて、おさるになった仲間達。

この「十一屋おさる軍団」は、この地域の工務店モデルとなり、他の見本になって行くものと信じています。

最後に、岡田先生、小林社長、そして皆さんありがとうございました。

 

 

★ナイス株式会社 山田明徳様

岡田先生、小林社長様、ロングランセミナー、本当にお疲れ様でした。

初回の研修では、自信なさげだった工務店様が、四回目の発表の時には「やり切った」自信に溢れていた事、そして工務店様同士が励まし合い、お互いの成長を喜びあえた事には、感動すら覚えました。

しかし、ここからが本番です。全ての工務店様がこれを機に、受注を獲得出来る仕組みが出来るように、私もお節介ケツ叩きをしていくつもりです。

可能性は無限にあると信じ、成長していきましょう。

ありがとうございました。

 

 

★ナイス株式会社 平岡良介様

今回シェルパ隊として参加させて頂きありがとうございました。

このセミナーをと通じて工務店様が様々な悩みを抱えられていることを知りました。

また、改めて地場工務店様の強み、良いところを知ることが出来ました。

そして、いかに自分が本当の意味でのお役立ちが出来ていないか?を実感しました。

ケンショウ様とツタエルセミナーを開催すべく、専務様と一緒にしっかり計画を立て、実行して行きます。

 

 

★ナイス株式会社 吉田悟様

このセミナーで一番感じた一番好きなところは、一体感です。

全員が本気で取り組んでいるから生まれる「団結力」や、切磋琢磨していける空気が好きです。

このような環境を頂けたこと、感謝しております。

6/21 ぴよこ隊セミナー 8/4 ぴよこ隊イベント

成功のために頑張ります。

 

 

★P株式会社 H様

1月23日のキックオフセミナーから4ヶ月半、皆様大変お疲れ様でした。

このツタエルセミナー開催には、昨年11月7日の特約代理店責任者会議での、「長野県流チェーン店会」の取り組みの発表、更にさかのぼると、5月15日の社内研修が、私達のキックオフでした。

まずは、全員がやり切った事に感謝します。

これからが私達の本番です。

戦略階段を考え、受注、そして売上に結びつける事が目的です。

この18社が共存共栄できるよう願うと共に、引き続きサポートしていきたいと思います。

 

 

★パナソニック株式会社 篠田祥光様

5ヶ月間の研修に参加させて頂き、本当にありがとうございました。

工務店様、一社一社の想いや、仕事ぶりを肌で感じることで、「お役立ちしたい!」・「何か自分の出来ることはないか?」と思うようになりました。

私自身は、担当のケンショウさんでツタエルセミナーを実施し、実際の自分の「売上高 = 役立高」にできればと感じました。

ツタエルセミナーはこれで終わりではなく、これからだと思いますのでパナソニックとして、これからのお役立ちを考えていきたいと思います。

 

 

★P株式会社 Y様

チームの4回の研修がそれぞれ終わりました。

何のために生まれて、仕事をして、この場所にいるのか。

自分がどこまでできるのか、挑戦してみたいです。

多々プレッシャーはありますが、最後に笑っていられるように、ここからがスタートだと気を引きしめ、歩き出します。

出会いに感謝します。

 

 

★株式会社十一屋 北田貴之様

Bチームに続き、Aチームも四回目を迎え、5ヶ月間ありがとうございました。

また、本日は弊社社長の誕生日サプライズ企画をたてて頂き、岡田社長には重ねて御礼申します。

予期せぬうれしい事を企画する、期待以上の事を提供する、いわゆるサプライズ・感動は一瞬にして廻りを1つにする事が実感できました。

単調になりやすい、日々の営業活動も、こういう意識でやっていけたらと思います。

 

 

★株式会社十一屋 元田佳宙様

本日で無事Aチームも、1社も脱落する事なく終了しました。

岡田さん始め、ツタエルスタッフの皆様ありがとうございました。

私にとってAチームは付き合いの長いお客様で、良く知っているお客様でした。

しかし、今回のセミナーを通じて、より深くお客様を理解する事が出来、今後どの様にお役立ち出来るか見えて来たような気がします。

水がドバドバと湧き出るまで、必ず井戸を掘り続けます。

 

 

★株式会社十一屋 小林憲一様

本日、Aチームの第4回研修が終了し、A・B両チームの「自分で受注を取るチカラ養成研修」の全4回が無事終了しました。

一社の脱落者もなく、18社各社がしっかり「やり切って」くださり、大きな気付き・深い想いを得て下さいました。

本当に幸せな5ヶ月間過ごさせて頂きました。

もし、11月 7日に岡田さんに出会っていなければ・・・・・。

偶然の出会いではなく、「必然」の出会いであったと思います。

この出会いから18社のみなさん、ツタエルのみなさん、サポートチームのみなさんとつながることが出来、ほんとうに幸せでした。

しかし、これで終わりではありません。

ここからが「面倒くさいけんちゃん」の本領発揮です。

第5回・第6回、いや、”チャリ~ン”となるまで、つきまとい「ケツ叩き」まくります。

みなさん覚悟しておいて下さい。

がんばれ!