体を整える

最近ハマっている趣味のようなことなんですが、

友達と月一ぐらいで楽スパのような温泉施設に行って「体を整える」ということをしてます。

「体を整える」というと整体とか、整形のようなニュアンスですが

この「体を整える」は汗を流して、体の水分を入れ替えるというような意味だと思っています。

 

近所のその温泉施設には、岩盤浴とサウナがあり

サウナでたくさん汗を流した後に、岩盤浴でじわじわ汗を流すという工程を得て体を整えていきます。

夕方くらいからそこに行って友達と話しながらするので、いつも5、6時間ぐらいかけてやってます。

岩盤浴から上がった後は、肌もすべすべで気分や体調も良くなりまさに「体が整った」って感じがしてそれが病みつきになってます。

おじさんのような趣味ですが、なかなか楽しいです。

オンライン授業について

オンライン授業について

 

コロナの影響で学校での授業がなくなり、ほとんどの授業がオンラインとなりました。

学校に登校する必要がなくなった分、楽になった部分もありますが、

友達と顔を合わせる機会も少なくなりました。

僕は自分の専攻に関心的ではない方なのでいいですが、

美術などの専門性が高く、かつ対面授業では学べないような専攻を持つ人にとっては

今の状況は芳しくないとおもいます。

 

オンライン授業になったことで、授業への出席が楽になったと思っていたのですが、実はそんなことありませんでした。

授業への参加はURLををクリックし、Zoomにアクセスするだけなのですが、

僕の場合、起きてすぐそれをし授業に臨むというのが難しく、

ひどい時は、参加だけして授業中はベッドで寝ています。

顔出ししない授業がほとんどなので、授業中は他のことをすることも多々あります。

良いように言えば、このおかげで自分の時間というのも増えました。

 

学生としてコロナのこの状況が都合がいいこともあり、もう少し続けばいいと思っているということを伝えるブログでした。

 

渋谷のちょっとした美術展示でのこと

渋谷のパルコに行った時のこと

 

パルコ内を歩いていたときに、イベント的な感じで美術展が開催されていて、

内容は絵画ではなく、造ったもので、作成者の個性が形をなしたような感じでした。

そんな感じの物が数点置いてある不思議な空間だったのですが、作品の横に作者が買いたと思われる数行の説明書き?がありました。

そこには、その作品の説明や、どのような考えや感じたことを表しているかなど書いてあったのですが、作品と見比べながら読んでも理解できず、気付いたら数分眺めていました。

理解できないことを悔しく思いながらも、芸術とは理解しようとも理解できないから芸術なんだ。とか思っていたのですが、

そもそも、ちょっとした美術展に入っているような自分に酔っていた人にとって理解ができるわけもなく、むしろそんな自分を気づかされるような感じでした。

芸術品とは自分を写す鏡のようなものかと思いながら美術展を後にしました。

靴を買いました。

先日、新宿のルミネエストで靴を買いました。

なんでもない話なんですが、1万5千の靴を買いました。

韓国ブランドの流行りの靴なのですが、これを消費と捉えるか、投資と捉えるかで少し考えました。

普通に考えると、ただの消費なのですが、投資として正当化しようと思います。

 

二十代はお洒落をしたいお年頃で、着ているものや、センスで格付けされる世代だとも言えると思います。

その中で、身だしなみにお金をかけるという行為は、格をあげることの必要条件だと思います。

格が上がることによって、周りの人間関係の円滑さや、自身の発言力が上がると思います。

また、ファッションは第一印象にも繋がり、相手との人間関係が深まりやすくなるのではないでしょうか。

 

TPOにあったファッションをし、そこに自分自身をアピールするためのこだわりを持つなら、身だしなみにお金をかけることも必要だと思います。

静岡へドライブに

先週末の9月13日の日曜日に突然だったんですけど、弾丸で静岡へドライブに行くことになったんです。

静岡といえば、、「さわやか」かなーとか言いながら、、、

昼の12時に家を出て、まっすぐ御殿場まで運転しました。

 

静岡はちょっと遠いイメージだったんですが14時半過ぎぐらいには御殿場のインターについてましたね。

微妙な時間だったんで「さわやか」を後回しにして御殿場のアウトレットに買い物に行きました。

服の買い物には熱が入っちゃうタイプなんで気づいたら19時過ぎだったのは驚きました。

 

急いで「さわやか」まで行って順番ついたんですけど、日曜ってこともあってなんと130分待ちでした。

予約してからアウトレットいけばよかったとか思いつつ、近くのコメダで時間潰しました。

 

「さわやか」が何なのかわからない人のために簡単にいうと、

「ハンバーグがめちゃくちゃうまい店」です。

静岡にしかないんですけど、いろんなところからお客さんが来るのでいつも行列なイメージがあります。

 

今回、注文したのはゲンコツハンバーグです。

初めて食べたさわやかの味はとっても感動しました。。。。

でも少し量が多くて苦戦しましたが、お腹いっぱい美味しいものを食べれて幸せでした。

またいこうと思っているのでオススメのメニューや食べ方があれば教えてください。

最近のマイブーム

今日は自分のマイブームについて紹介します。

よく趣味で絵やイラストを書くんですが、それを常々デザインとして何か形にしたいなと思っていたんですよね。

そしたら、友達からあるサイトを教えてもらって、「suzuri」というウェブサービスなのですが、

https://suzuri.jp/ ←リンクです。

GMOという大手が運営しているサイトで、個人がデザインしたロゴをTシャツや帽子、コップなどにプリントできるというウェブサービスです。

面白いと思った点は、そのTシャツや小物を他の人に売ることができるのですが、

デザインする個人は売るために発注する必要がなく、デザインアイデア一つでものを売ることができることです。

普通Tシャツや小物を売る際は、どれほど売れるかあらかじめ予想して発注する必要があり、

売れなかったときのリスクもあるので中々手を付けれないと思うのですが、

このサービスによってそれがより一般的になり、趣味が収入になる点が面白いと思いました。

 

このサイトを使って自分の欲しかったTシャツや服を作ることにハマってます。

 

やることとやりたいこと

やるべきこととやりたいことについて感じたことを述べようかなと、、、

 

目指している目標、なりたい自分、その高みに行ってできるやりたいこと。

そのために必要なやるべきこと。

それは理解しているが、よく道半ばで「ほんとにこれを続ければやりたいこと、なりたい自分になれるのか?」という問いにいつもぶつかる。

 

やりたいことにつながらないのではないか、

やりたいことに繋がることをするべきではないのか、

という疑問や不安から目の前のことにやる気がなくなる。

 

目標を持って何かを目指す人にとってはあるあるなのかもしれないがこれについて自分なりに原因や解決策を考えてみた。

 

真っ先に感じたのは目標が明確ではないからだと思う。

例えば、プロ野球選手になりたいという目標を持っていても、

どの様な野球選手になりたいのか?

なぜ野球選手になりたいのか?

野球選手になって何がしたいのか?

この様に一つの目標に対しても、その意志の根っこの部分まで掘り下げる必要があると思う。

掘り下げた末に見えるほんとの自分の意志の様なものに気づけたとき、道半ばで分岐点の様な壁にぶつかっても、意志を持って取捨選択できる様になると思う。

 

また、周りの環境も大事だと思う。

よく成功者の話を聞くといい環境に恵まれていると思う人がいると思うが、それは違うと思う。

成功者はその環境を求めて何らかの行動をし、がむしゃらにでも行動して手繰り寄せたものであるから羨むべきものではなく目指すものであると思う。

周りの環境は変えることができる。失敗を環境のせいにするのは間違っている。

 

自分の意見をぶつける日でした。

 

初めまして、桝田一希です。

初めまして、桝田一希です。

 

初投稿なので自己紹介をしようと思います。

年齢は21 大学生 石川県にある工務店の長男です。

大学では、機械工学系の学科に所属しており、医療機器の開発を専門とした分野で学んでいます。

写真の左です。

 

目標としている人はメルカリの社長である山田進太郎です。

彼のような経歴を辿れるように今はプログラミングを必死に勉強し、ウェブサービスを開発したいと思っています。

 

実家の工務店は身内の誰かが継ぐことを考えて好きなように生きていこうと思っています。

でも、いづれは誰も真似できないような親孝行するので親不孝だとは思ってないです。

 

ツタエルに入って学ぼうと思ってることは、ずばり、、

岡田社長のビジネスのノウハウを全部盗むことです!

山田進太郎は大学生で起業して会社を立てているのでビジネスのスキルを補う必要があるなと思っています

 

ツタエルのインターンを初めて1ヶ月程経ちます。仕事や環境にはだいぶ慣れてきました。今では、オフィスで一番偉そうにしてるほどです。

 

ブログを書き始める上で何かひとつテーマを決めてそれに沿って書いていこうと思ってます。テーマの内容は今考え中です。