家づくり哲学

商品の押売りはダメだけど、哲学の押売りはすべき! むしろ、やらなくてはいけないこと。

ヘビークライアント、特にホームページ制作のクライアントにはそう伝えています。
ツタエルのホームページでは「哲学の押売りページ」を作りますので。

仕事のプロである以上、哲学があるべき。
家づくりのプロであるなら、「どんな家づくりをしたいですか?」とお客様にすべてを委ねるのではなく、プロとして「家づくりはどうあるべきか?」をまず持つべき、伝えるべきだと思います。

崇高な哲学を感じるものに出会いました。

続きを読む