お金の先には、職人の魂がある。

欲しいモノがある時、
私たちは“お金”を出してそのモノを手に入れますよね。

食材を買う時は、スーパーで。
本を買う時は、書店で。
車を買う時は、ディーラーで。

お金を払ってそのモノを手に入れます。

 

お金と言うのは便利なものですが、
時に、その価値を感じづらい側面もあるのではないでしょうか?

 

例えば、

 

家を建てる時に欠かせない木材。
その木材の価値って、家を買ってしまうと感じづらいですよね。

でも、木材を仕入れるために「命」という変えられない価値のリスクを犯している“命がけの仕事をする人”が必要なのをご存知ですか?

 

2019年11月7日、
その命がけの仕事をクライアントさんと一緒に見学してきました。

 

 

 

 

木材の良し悪しは、
その山を管理する“管理人”によって決まる。

 

この真っ直ぐに伸びる木。
何もしなければこんなに真っ直ぐには伸びません。
しっかりと間伐をして、管理するからこそ真っ直ぐなり、
そういう木でないと、家に使われる木材としては使えません。

 

 

では、その管理は誰がしているのか?

それはこの山を管理する“木こり”さんです。

 

 

市街地から片道約3時間の山奥。
舗装された道路はなく、時には自分で道をつくり、場所によっては電波の通じない山で毎日その手入れをしてくれる人がいるから、私たちは家を建てることができるのです。

聞くと、昔と違い、木こりのなり手が居ない今は、一人で管理されてるとのこと。
誰もいない、熊や鹿などの動物しかいない山奥。
一つ間違えれば倒木に巻き込まれる可能性や、刻一刻と変わる自然の驚異の危険など、命の安全が保証されていない現場で、その作業が行われています。

 

 

お金の先には、職人の魂がある。

 

この価値を伝えることが、
私たちの仕事。

実際の現場を見て、
クライアントさんとともに心に誓った瞬間でした。

 

 

 

■一人の戦士が「感動を共有したい」と企画しました。

実は、今回の見学は、
事前にその山を見学にしていた営業のMさんと設計のIさんが企画しました。
社長が企画したわけでも、材木店さんがおすすめしてきたわけでもありません。

「山に行った時、木こりさんの想いを聞いた時、心から感動したんです。
 “この山で、この木こりさんに管理された、最高の木で家を建てたい”と思った。
 その感動を社員のみんなにも共有したかった」

懇親会の乾杯の挨拶でそう話たMさん。この方も熱い戦士です。

 

この想いを価値として伝えるのが、
私の仕事、ですね。

その後の6時間にわたる飲み会でも忘れないくらい心に刻まれました。
というわけで、朝イチ番から新幹線に乗って集合して、山に行って、24時まで懇親会したらそりゃ電車もなくなるわなってわけで、現地泊した山口よりレポートでした。

 

・・・追記。

その熱い戦士のMさんが懇親会の会場に選んだお店がこちら。

 

「だって、はじめ岡田さんが来るって言ってたから(笑)」
お気遣い、ありがとうございます♪

 

会う。

気づいたら、一週間経ってたので、日記的なブログにします。

〜日・月・火・水・木・金・土〜

 

今週は

 

 

桃鉄かっ!

 

 

 

 

って、くらい電車移動が多い一週間でした。

 

 

日曜日、埼玉県幸手市にて感謝祭のお手伝い♪

 

 

 

出発進行!

 

 

月曜日、岩手県北上市で戦略会議

 

火曜日、長野県長野市で編集長サミット
※別途ブログ掲載予定

 

水曜日、長野県松本市で名刺づくり

 

木曜日〜金曜日、静岡県静岡市でパンフレットづくり

 

土曜日、汐留で偶然の出会いもあり、その後・・・

 

埼玉県幸手市に戻ってきました。

 

 

・・・と、移動のことを書きましたが、移動はどうでもよくて。
(それだと本当に桃鉄になっちゃうので)

 

「よしっ!」やってくぞ! と気合の入った人たちと、
いっぱい会えて充実した一週間でした。

 

やっぱり、人生一人じゃ行きていけない中で、
仕事をしている時間が多い中で、

誰と一緒に仕事をするか? 
人から受ける刺激って、とても大切。

繰り返しになってしまいますが、
この一週間は、アツい人ばかりとの出会い、仕事ばかり。

 

嬉しい一方で、

・・・自分が、相手にとってそんな存在にもっとなって行かなきゃ!

そんな風にも思った一週間でもありました。

 

 

一緒にいる時間を大切に。

 

 

来週一週間は、そんな時間の貴重さを感じながら、過ごしていこうと想います。