年末ジャンボ。

12月24日クリスマス・イブに行われるイベントと言えば・・・?

 

そう、年末ジャンボ~~~
もちつき大会!

 

あっ、僕だけ???

 

ホームページクライアント様であります、
青梅市のささもと建設様の感謝祭(もちつき大会)にお邪魔してきました。

ささもと建設様は、ありがとうの家づくりをテーマに、
お客様、地域に徹底的に「感謝」の気持ちを「形」にしながら、
そのご縁をつなぎ、リピート獲得、ご紹介獲得につなげられている会社様です。

その象徴的なイベントが、年に2回の感謝祭。

予約制で毎回700名以上の来場。
会場のキャパは、大体300名ほど。

で、700名来場。そう、まさかの2部制(参加者入れ替え)。

 

スゴイですよね。
気合入ってますよね。

 

そんな感謝祭に、
ここ数年は毎回、お手伝いとして参加させていただいています。

えっ? 毎回? って思いましたよね。
そう、でも、理由があるんです。

 

なぜそんなに参加しているかと言うと・・・

 

 

ただの祭り好きだから!! 

 

ではなく! (祭りは好きですけどね)

 

毎回、いろんな学びをいただけるからなんです。

 

 

▼[例]感謝祭の他にも本社のクリスマスディスプレイも。
こうすることで会社が認知されるよなぁとか・・・
点灯式なんてやってるんだぁ、とか。会社だけじゃなくて、物件でも!?とか・・・
地域の役立ちに「感謝」の気持ちを込めて、とやってられることが結果的に販促活動にも活かされているという形です。

外観に大きなインパクト クリスマスディスプレイ

 

そんなささもと建設さんの年末ジャンボもちつき大会。
今回は、23回目にして過去最高の予約&来場数を記録したそうです!

 

23回目で過去最高を記録するって、
常に進化していることを感じますよね。

ここでは語りきれませんが、
内容もすべて進化していました。

前回スタッフさんから「もっとこうしとけばよかった~」なんて声も出ていましたが、それを見事に取り戻す充実した内容でした。

 

そして、私の今回の一番の学びは、
ささもと社長の冒頭の協力業者様のご挨拶のこの二言にありました。
それは、毎回恒例だからこそ大切な2つのお話です。

 

 

「この感謝祭の位置づけは、1年の総決算だと思っています。
 感謝を形にして届けたいと思っていますので、
 ご協力よろしくお願いします。」

1つ目は「なんのために感謝祭をやるのか?」の目的。
そして、そのためにどういうことをしたいか? という点を
しっかりと伝えていただいたこと。

感謝祭やお楽しみイベントって、
意外に簡単に始まってしまうことも多いですが、
1年の総決算と言われると、気持ちが引き締まりますよね。
毎年、同じなのだと思いますが、
だからこそ、しっかりと伝える、
これは大切なことですよね。

 

「今回、初めて予約が777名ということで過去最高を記録しました」

2つ目は、毎回恒例の中でも新しきを見つけて伝える。
今回は、予約の人数が過去最高だった話でしたが、
毎回、今年は~~~という話があります。
新しきを見つけ、
伝えていくことも良い刺激(慣れない)になります。

ちなみに、
ささもと建設さんは感謝祭のテーマも毎回変わるし、
毎回担当チーフが変わったり、
同じイベントの中でも常に進化・変化をされています。

・・・だから、お客様も「毎回」来てくれるんですよね。

 

 

さて、と。

 

年始はいよいよツタエルの感謝祭の位置づけとなるイベント。
ツタエル総会です。今回いただいたヒントも思いっきり盛り込みながら、
1年を元気に過ごせるパワーをお届けできる場を作ります。

 

ご来場の方は、お楽しみに♪

▼参加申し込みもまだ間に合います! ツタエル総会▼
https://www.2tael.co.jp/news/8082.html

 

 

 

就任祝い。

「今年は、特別な一日なんです」

 

昨日は、ホームページクライアントであります、
埼玉県越谷市の東都ハイム様の「望年会」にお招きいただき、
参加してまいりました。

東都ハイム様にとってこの「望年会」は毎年恒例行事ではあるのですが、
冒頭の言葉どおり、今年は、特別な意味がありました。

その意味とは・・・

来年度(4月)より、
現副社長が、代表取締役社長となり、
新たに会社の舵をとっていかれるというお祝いの席でもあったのです。

会の冒頭、
新会長のこれまでの想いが詰まったご挨拶に続き、
「革新なくして、継続なし」新社長のこれからの決意のご挨拶がありました。

お二人のお話をお聞きし、
私自身もお付き合いいただいた頃にいただいた
「永くパートナーとしてやっていけるような気がして」
と私達を選んでいただいたことを思い出しました。

(よ~し、やったるぞ! 応援させていただくぞ!)という気持ちです。

 

私は、この「望年会」に参加するのは初めてでしたが・・・

 

あっ、そうそう、
さっきから年会の文字、気になってましたよね?

これは、この会の発起人であります新会長の、
「年を忘れる会ではなく、次の年に望みを持つための会でありたい」
という想いの元、この文字を使われるようです。

 

・・・

 

なるほど!と心に響いた方もいれば
まぁ、なるほど!と思った方もいるかもしれませんが、
私は、思い入れのある会に、
一つの言葉を大切に意味を持ることにこだわれる方って素敵だなと思います。
(うまく言うことが大事ってことではなく、ですね)

 

こだわっている言葉は大切したいですよね。

 

そんな望年会で前後左右に座った方に、
ツタエルって、いい名前ですね、と言っていただきました。

ある方には、動きのある名前ですね! と言っていただきました。
確かに、ツタエルって、動詞ですので動きを感じる名前かもしれませんね。

そして、ある方には「伝わる」ではないんですね と言っていただきました。
そうなんです、勝手に伝わる(伝わったらいいな)のではなく、
自分の想いを「ツタエル」んだという、自分から伝える! という熱意を込めているんです。

 

はい、これも、忘れていたわけではないけど、
改めて噛みしめて、の望年会になりました。

 

お招きいただきありがとうございました。

 

元気な人に会うと元気になれる。

こんにちは。

少々久々の更新になってしまいましたが、
元気でやってますよ!
行くとこ行くとこでたくさんの元気をもらっています。
プライベートとお仕事と一つずつご紹介します。

ジャジャン♪

祖母とツーショット。

敬老の日、
名古屋に住んでいる祖母の家に行ってきました。

1年に1回くらいしか行けませんが、
ひ孫との団らんを楽しみにしてくれていること、
何より半日、3歳の子ども相手ができるくらい、
元気でいてくれていることが嬉しく感じる1日でした。

そして、ジャジャン♪

 

19日(水)は、長野で総勢70名の熱い会合。
建材店の株式会社十一屋さんが、
工務店の集客・受注の支援のために企画した研修会。
「とにかく工務店に役立ちたい」その想いが輪を広げ、
十一屋さんのお得意様だけでなく、
オブザーバーとして、全国より元気いっぱいの
メーカー・建材店・材木店そして、工務店様が集結。

今回は、研修サポーターとして携わらせていただいたのですが、
どうせなら、
「お互いにパワーの送り合いができるように」
「声を上げて、先頭を切って走る十一屋さんの想いが伝わるように」
開始までは不安もあったのですが、
終了後のアンケートにも熱いメッセージがたくさん。
想像以上の熱い会合となりました。
(現在、レポート編集中)

「元気なところに元気が集まる」
「元気に触れると元気になれる」

これからもそんな機会をたくさんつくっていけたらと思います。

実は、先週は他にも
全国編集長サミット17期の最終回、
全国編集長サミット19期の初回と、
お伝えしたいことは、山ほどあるのですが、今回はこの辺で!

見たよ!

既に、ツタエルメルマガやイベントレポート等でご紹介させていただきましたが、
7/25(水)に弊社クライアントの白石工務店様(埼玉県幸手市)で会社見学会を行い、22社・31名の方にお集りいただきました。

大好評のご参加者の声と、イベントレポートはこちらから。

改めまして、
白石工務店様の皆様、ご参加者の皆様ありがとうございました。

 

見学会、その後、
ご参加者の皆様と会話をしていると、
「その後、白石工務店様とこんなやり取りをしました!」という後日談や、
「今度、こんなことをしていきたいです!」という意気込みの声をいただき、
その熱量は上がっていることを実感しました。

また、ご参加されてない会社さんからも、
「見学会のレポート見たよ!」「アンケート見たよ!」という声をいただき、
今後もこのような機会が持てたらという意欲に上がりました。
そのようなお声を寄せていただいたことにも、改めて感謝申し上げます。

 

「明日から、何を始めますか?」

講演の中で再三出てきたこの言葉。
山口は、白石工務店様の講演の中で出てきた、現場美化の話。
お客様アンケートの記録や統計に基づき、取り組みを始めた部分を参考に、
自分自身の取り組みをしっかり記録に残していくことを始めることにしました。

白石工務店様に刺激を受けて、
私自身もまた前身していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一歩踏み出す時は、ぜひ一緒に!
ツタエルのセミナー(白石工務店様も卒業生)開催のご案内です。

⇒9/18(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(東京第19期)」
⇒10/2(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(長野第1期)」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

満員御礼

とろけるような暑さ。

夏の準備とか偉そうなこと言ったくせに風邪をひいた山口です。

さて、そんな中、
ホームページやメルマガで告知させていただいておりました、
株式会社白石工務店様の会社見学会、定員にて満員御礼となりました。

ご参加お申込みいただいた皆様、ありがとうございます。

実は先日、白石工務店様にお伺いして、
当日の打合せを午後いっぱいみっちりとさせていただきました。

はじめは2回目ということもあり「前回と同じ流れで・・・」
なんて言いながらラフに始まった気もする打合せですが、はじまると一変。

「実は、こんな話をしていただきたくて」

「だったら、話す人は変えた方がいいんじゃない」

「前回の反省を活かして、もっと說明を入れよう!」

「スタッフさんがご発表いただく場面があっても面白いですね」

打合せ後日の電話でのやり取りをして、
白石工務店様にとっても新たなチャレンジが加わった、
前回よりパワーアップした、白石工務店様をお届けできるプログラムになってきました。

会社見学会は、貴重な営業日をお借りしてその中身をお見せいただくというとてもありがたい機会。快諾いただいた白石工務店様皆様に心より感謝申し上げます。

「せっかくの機会だから、お互いに吸収しあえる機会にしたいですよね!」
明るく話す皆様と一緒に、良い見学会にできるよう準備すすめてまいります。
お申込みいただいた皆様、楽しみにお待ち下さい!

KIMG1171

お待ちしてま〜〜〜す!! by白石工務店様
(営業終了後の会議後なのに、この笑顔!!)

そんな今、だからこそ。

大人になると、全力疾走すること、減りますよね。と、言いつつ出張帰りの新幹線、久々ダッシュした山口です。
(間に合わなかったけど)
さて、新幹線でどこへ行ったかと言うと、群馬県沼田市。クライアントさんの全体会議&営業会議&情報誌編集会議に参加させていただ来ました。
KIMG1057
 
集客、受注が好調だからこそ、今、やるべきは“基礎”、種まきだ!!
を合言葉に、みっちり午前中。
KIMG1060
お昼休憩には、お弁当&夏を感じさせるスイカをいただき、みっちり午後。
 
1日お世話になりました。
ありがとうございました!!

秋田。

昨日は、秋田でお仕事。
昨年、金が企画開発して、
ようやくツタエルの商品として定着してきた「人柄を売る物語作成研修」のフォローアップ研修。メイン講師:金 のサポート役として行ってきました。
 
KIMG0884_censored
 
実際に活用してどうだったか?
A:「とても効果を感じている、受注に繋がっている」
B:「効果の実感というところまでは感じていない」
どうやって?
A:「私の場合は、こんな工夫をしてお客様に活用してる」
B:「周りの話を聞いていたら、うまく活用できていなかったからかもしれない」
効果検証にはじまり、
もう一歩レベルアップするための研修を1日みっちり行いました。
 
サポート役としてのお伺いでしたので、メイン講師ほどではないものの、
移動込みで、朝から晩までは久々だったので少々お疲れ気味。
 
なので、まぁ。
 
KIMG0894
 
カツカレー大盛です。
 

徳島。

ブログ見てると、色々行っていて大変ですね。
と、よく言われます。
 
・・・あっ、行っている時だけしか更新してないのか・・・
それ以外の日は、比較的都内にいる山口です。
 
昨日は、徳島。
もう、6年にもなるオートリホーム様に伺ってきました。
 
KIMG0872
 
現ホームページについて、半日みっちり打合せ。
福井社長とは、
久しぶりのお話だったので、少し脱線して、
他業界(建設業界)の話、
人材確保の話、会社の働きやすさの話。、事業展開の話。
色々お話させていただきました。
また一緒に、
新しいスタートを切っていけるありがたみを感じ、
打合せ終了。
バスの時間までまだ余裕があったので、
もう、10回以上来ているのにおそらくはじめて。
一人で、徳島ラーメンを食べました。
KIMG0875
 
さて、元気つけて頑張るぞ!

カレー屋ケンちゃん、お越しいただきました。

岡田ブログですっかりお馴染み!?
カレー屋(本業は違いますが)ケンちゃんこと、
カレー屋ケンちゃん第2話 (岡田ブログ)
カレー屋ケンちゃん (岡田ブログ)
十一屋の小林社長が、長野から東京(しかも武蔵小金井まで)にお越しいただきました。
東京に用事が・・と言っても、武蔵小金井までは、そこから40分。有り難いことでございます。
話しは、只今、真っ最中のシリーズ研修について。私は、添削担当として、サポートさせていただいているので、各社さんにお会いできていないのですが、小林社長の熱いお話で、なんだかそれぞれの工務店様に会ったことあるような気分に・・・
(と、言いつつ添削は、会ってないことをいいことに、ビシバシいかせていただくかもしれませんが(^^))
そんな熱い小林社長から、優しいリクエストが一つ。
「少しは気持ちが楽になるように、優しさを込めてピンクのペンで添削いただけると・・・」
 
え〜〜〜(´;ω;`)
と、戸惑っていると、その時、山口の机の上の赤ペンがピンクに。。。

社長の愛がペンにこもりました。今回は、そんなピンクペンで、しっかり添削をして、近い将来カレー屋ケンちゃんにも、参加させていただきたく思います。
本日は、ご来社ありがとうございました!!

最終回。

 
ここは居酒屋。
 
KIMG0588
 
視線の先には・・・
 
KIMG0587
 
岡田の熱弁!!
 
 
と、懇親会の様子から失礼しました。
 
なぜか? すみません、本編の写真をおさめていなかったからです(汗)
 
 
山形での「自力で受注を取るチカラ養成研修」の最終回でした。

自分で受注を取る力養成研修とは、
4回の中で、チラシの作り方、イベントの企画の仕方、そして『あなたのイベントに行きたい』と思ってもらえる想いの伝え方を学び、実際にイベントを実行していただく研修です。

約5ヶ月間の研修期間の最終回。
この日は、各社の成果発表があり、懇親会の席では、目的を達成した会社の成功要因について話をしていました。

ーーーやっぱり、成功している会社は、ひと工夫違うよね!

今回の研修は、どの会社様も、しっかりとノウハウを実行し、
ひと工夫した結果、目的に合わせた成果が出ました。

だからこそ、懇親会もこの盛り上がり!

私も、各社のフォローを中心に携わらせていただき、嬉しい限りです。

以下、ご参加の皆様の感想です(公表OKの方のみ)

◆T  O様
ありがとうございました。
お客様のイベントにも企画から参加させていただき、今後の集客につなげてもらえるよう頑張りたいと思います。
 
◆有限会社後藤住建  後藤 満様
4回の研修と、3回目と4回目の間に行ったイベントが大変役に立つ、経験と武器になると確信に変わりました。今回経験したことを活かしていきたいと思います。
 
◆株式会社K  N様
短期でこれほど実のある内容で大変参考になりました。
実行することが大事だと思うのでイベント実施をやっていきます。
 
◆株式会社K  T様
27時間の研修、芯となる部分を学ばせていただきました。
これからの受注活動に生かしていきたい事ばかりでした。生かしていくことで受注UPしていけると今から楽しみです。社員一同頑張っていきたいです。
 
◆T株式会社  T様
大変ためになるセミナー、ありがとうございました。
2回、3回と続く事に期待しております。
 
◆E有限会社  K様
宿題のイベントは結局、50万もかけて私の意見の外で開催してしまったが、次回というかこれから私主導で、お客様目線で楽しめる役に立つイベントを開催したいと思う。
 
◆有限会社斎藤工務店  斎藤 博人様
4回セミナーを通して大変勉強になりました。
この学んだ事、時間を無駄にしないためにも必ずキャンペーンを実施し、イベントの目的を達成したいと思います。岡田社長の聞きやすさ、ためになる話、山口さんの情熱的なフォローと進行もすごく良かったです。
 
◆有限会社W  W様
企画をすることの難しさ、考え方が大きく変わってとても勉強になりました。顔を売ること、お客さんに喜んでもらえるようこれからがんばって取り組みたいと思います。
 
◆有限会社Y  I様
ターゲット、イベントを考えるのがとても大変でしたが、改めて自分のウリを再考するきっかけになり良かった。
全スタッフでイベントをしたことにより、会社全体として意思統一ができたかと思われます。イベントをやってみるとお客さんとのつながりが楽しく、もう一度何かのイベントを行ってみようと感じました。とても良かったです。ありがとうございました。
 
◆有限会社手塚建材  高橋 恵理子様
計4回の研修、本当にありがとうございました。
参加する前の不安や悩みが解決出来て、とても感謝の気持ちでいっぱいです。これからも今回教えていただいた事を忘れず、お客様の為のイベントを開催していきたいと思います。
本当にありがとうございました。
 
◆有限会社手塚建材  手塚 直美様
ツタエルさんの講習を受けて、本当に暗闇の中から脱出できたように思います。新しい事にチャレンジを始めて、悩みながら自分なりに社員と考えてきましたが本当に受けて良かったです。今からが大事だと思います。がんばります。
ありがとうございました。
 
 
ここが、スタートライン。
私も次なる企画を用意して、お役に立っていきたいと思います。
今後共、よろしくお願いします!!