駅までダッシュ。

やばい! セミナーに遅れる! 駅までダッシュ。
セミナー受講終了!(インスタの勉強してきました)
急げ! 駅までダッシュ。なんとか、間に合いました。

東京→長野。
19:00に長野に着いて、
某山形県の会社様のホームページデザイン打ち合わせ。

翌日は、あさイチで篠ノ井市の工務店さんへ。(電車は余裕)
顧客管理システムマジタンの説明会。
説明会というよりは、作戦会議に近かったですが。
そこから、長野に戻って情報誌編集長サミット!

・・・あっ、何が言いたいかというと、
目まぐるしくも充実させていただいております。

夜も、主催いただいている材木店・・・
なんて言い方しなくてもいいか(笑)

ツタエル総会のご発表でもおなじみの、
長野県の建材店、十一屋の小林社長と会食。
2日続けての長野飯。
山芋(長芋)がうまい! ってことを実感したお食事でした。

視線の先にあるのは、欅をくり抜いた炭火焼きの窯

2日間で、いろんな人に会いました。

まずはこちらから自己開示という場だったり、
セミナーという場だったりしたので、
喋りっぱなしでしたが、
おかげで、いろいろな繋がりもできたり、偶然のご縁ができたり。
またどっかで話をしてほしいかも?! というお話をいただいたり。
(めちゃめちゃWelcomeです! 話すすんだらお願いしますm(_ _)m)

こうやって、次・・・次・・・とつながっていける、
自分ひとりじゃできないけど、つながることでできることが増える。
その中で、自分も役立てることがある(かもしれない)ってのは、
仕事していてウキウキする瞬間の一つです。

というわけで、帰りの新幹線も、駅までダッシュ・・・せずに乗れました。
流石に一日喋りっぱなしだと喉もカラカラ。

ふ〜〜疲れた。


さてさて、明日、明後日は待ちに待った、
社内でガッツリ作業ができるDAY!
よ〜〜〜し、気合入れてやるぞ!(いろいろおまたせしてすみません)

建築業界ではない仕事。

今日は都内で打ち合わせ&印刷会社への持ち込みの相談へ。

どちらも、
いつも携わっている建築業界以外の
クライアント様のお仕事でした。

前半の打ち合わせは、
以前、岡田ブログでもちらっとご紹介した、
訪問看護ステーションのパンフレット制作。

 

「・・・総会、お疲れ様でした」

ということで、恐縮ながら総会の終了を待って、
打ち合わせ日程を入れさせていただきました。

お気遣い、心より感謝申し上げます。。。

 

ところで、
訪問看護ってご存知ですか?

訪問看護とは、病気や障害をかかえながら、
ご自宅で療養中の方に、看護師をはじめとしたスタッフが訪問して、
療養生活のお世話や診療の補助を行うサービスのこと。

終末期を迎える多くの方が実は持っている、
「住み慣れた自宅で生活したい、その時を迎えたい」という希望を叶えるため、医療とご家族の架け橋となるべく、ご本人とそのご家族のケアを行う仕事です。

高齢化が進む日本においては、病院が足りなくなるという将来の事情もあり、国も病院から在宅への医療環境の以降をすすめています。

 

 

・・・と、言葉ではこう書きましたが、
実際は、人の生死が身近にあるとても大変な仕事です。
打ち合わせ中も、人の命にかかわる緊急性の高い連絡が何度か。

打ち合わせをさせていただくたびにそのことを感じます。

 

そんな訪問看護の仕事を「使命」として、
行っているのが、今回のクライアント様です。

 

さぞ、大変な仕事でありながら、
皆様とてもポジティブで、元気。
先日、講演いただいた三浦さんに負けないくらい情熱を持っていらっしゃり、
お会いするたびに、私も元気をいただいて帰ってきます。

その皆様にかかると、これまで生きる希望を失いかけてた方たちが、
「元気になったよ、奇跡のようだね」と前向きになるそう。

 

そのワケは・・・

たくさんあるので、詳しくはツールの完成をお楽しみに!

 

・・・と言っても、その期間待てないと思うので、
そのうちの一つ、今日の話の中で私が強く感銘を受けた話を紹介します。

 

■人の身体は、いつでも「回復しよう」としている。

健康な方も、
風邪をひいた方も、
ケガをした方も、
がんになってしまった方も。

人、というのは、自分で自分の身体を治そう!
という「自然治癒力」というものがあります。

それが、
日頃の身体の疲れだったり、
心の疲れ(ストレス)だったり、
栄養だったり、場合によっては薬だったりで、
その能力が十分に活かされていないことがあるんだそうです。

訪問看護では、その「自分で回復する力」を最も発揮できるように、
療養環境や心や身体の状態を整えることで、
「元気になったよ、奇跡のようだね」という状況が生まれるのだそう。

 

そう、回復のヒントは、自分自身にあったんです。

 

私は、この話に色々と「希望」が持てました。

自分自身の力をより活かすための毎日を過ごすことで、
健康にもなりますし、元気にもなるってことです。

 

これぞまさに“あるもの探し”

 

さて。
いただいた話を元に、最終の仕上げです。

ホームページ屋らしく。

 

ツタエルは何屋さん?

はい、ホームページ屋さんです。

 

というわけで、週末はツール制作会社らしく、「取材」「撮影」の仕事でした。

今回のメインは、お客様インタビューと、スタッフ紹介の撮影。カメラマンさんにも同行いただき取材スタート!

いきなり、一体どこだ? というところですが、
各工務店さんの特長が出ているところの撮影を♪
構図やポーズなどはカメラマンさんにお任せすることも多いですが、
シーンは、その工務店さんの活きるところ、
また、ツールで使うシーンを想定して準備しています。

 

が、想定してもどうにもならないことも。
その最たるものが、天気です。

「晴れてよかった〜!」
やっぱり、いい天気は気持ちいい写真が撮れるから、好きなんです。

個人的な想いですが、
天気とか、自然とかって、和むというか、
いい意味でスキのある写真になって、
安心して見られる写真になる気がして、
結果、親しみを感じて、
合わせて載せる文章も親しみを感じて読んでいただくことで、
信用してもらえるんじゃないか? って思うんです。

天気、自然はその場その時しかないものですしね。

 

と、そうだ。
室内でもその場その時しかないもの、ありますね!

 

・・・はい、それは、人の表情♪

近づき過ぎ!? そうですね。
子どもちゃんが寄ってきてくれたんです。

続いて、お客様インタビューの写真、
スタッフさんの写真を撮影しました。

 

途中、ちょっとしたハプニングも!?
ちょっと、太陽の光が明るすぎるかも! の声に、
スタッフさんが・・・「こうすればいいんじゃない?」と
ご協力いただく場面も・・・

 

会長、常務自ら「影」を作る役を。
ちょっと、面白い光景ですね。

 

そんなこんなで和やかなムードで撮影終了♪

 

終了する頃には、
辺りは真っ暗。

 

ふぅぅ。

 

K工務店の皆様、お施主様、カメラマンのA様、
ご協力ありがとうございました!

 

はじめての場所で、2回目。

昨日は編集長サミット東京19期 2回目をツタエル事務所で行いました。

 

新事務所では、初のセミナー開催!
受講生のIさんからも「新しいオフィスで、ツタエルさんが新しくはじまる感じがしますね!」という言葉もいただきテンションアップ。

研修のテーマは「効果的な人の売り方」

学んだことを活かしながら自己紹介をする場面もあったせいか、
参加者同士のコミュニケーションも活発になり、良い情報交換ができたと好評でした。

▼ご参加者の声

「大変良かった。他社様の話がとても役立ちました、早く第一号を送れるように努力します」K社K社長
「自己開示ができるようになった気がします」K社K常務

 

さて、明日は仙台、来週は長野で編集長サミットがあります。

あっ、あらたなスタートと言えば、今日も・・・
この話はまた後日。

 

それでは!

 

長野、これから1年間。

2日(火)長野でセミナーをしてきました。

2回連続で長野での話題になったからか、
「長野営業所の山口さんですよね?」という冗談も飛びつつですが、
前回ブログでお話した「まさかの第5回」に引き続き、
研修会をやる機会をいただき、長野にやってきました。

情報誌編集長サミット[長野1期]。
長野開催は初めての開催でしたが、おかげさまで定員いっぱい。
参加者10名 オブザーバー2名 の12名でのスタートとなりました。

小林社長、撮影ありがとうございます!

 

参加者様の自己紹介では、
緊張をほぐすことと、お互いのことを知る目的で、
「最近のマイブーム」についてお話いただきました。

皆様「マイブームなんて言われても・・」と言いつつも、
話題を探してお話いただいたことで、大変盛り上がり。
良い雰囲気でスタートすることができ一安心です。

研修をさせていただいたり、
受けさせていただいたりする中で思うことですが、
研修の雰囲気ってとても大事。

だからこそ、学びやすい、
意欲的になれる雰囲気づくりを作っていきたいと思います。

 

⇒受講生の皆様へ
これから、毎月1回1年間の研修となります。
皆様、よろしくおねがいします!
シャインな情報誌を作っていきましょう!

当日の参加者のご感想はこちらをクリック

 

 

長野の皆様へ 「残枠あと1社!」

 

ピロン♪ (メールが届いた音)

「セミナーのお申込みがありました」

現在参加募集中の
口コミ・紹介受注に効果を発揮する「定期情報誌」の発行をサポートする、
『情報誌編集長サミット(全12回)』

メルマガを発信した直後にお申込みをいただきました。
ありがとうございます。

 

このお申込みで、長野開催分が、残席1社となりました。

また、検討中」の連絡をいただいている会社様が、
プレセミナーお申込みの会社様も含めて20社さんほどいらっしゃるので、

プレセミナーをする前に、枠が埋まってしまいそうです。

~成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
<全12回>講師の私、山口があなたと一緒に走り抜けます~

成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
まず、私からのはじめのアドバイスです。今回、東京・長野の同時期に編集長サミットをスタートさせることは、私にとってもはじめてのチャレンジなんです。

・・・同時開催できるかな? 集まるかな?
そう迷った時に思ったことが「迷ったら、すすめ!」ということでした。
すすんだ結果、おかげさまで多くの申込み、引き合いをいただいています。

・・・やっぱり、すすむことで道は開ける。 今、まさに実感していることです。

本当にそこまでできるのか? ご安心ください。
受講生には「シャインが輝けば会社も輝く!」を信念としている講師のシャインプロデューサー山口が、イチから徹底的にサポートし、一緒に頑張ります。

 

なので・・・ 急いでお申込みください。
(特に参加をご検討しているあなた!)

 

 

 

※ツタエルのセミナーは、先着順です。

編集長サミットの定員は、
1社、1社の情報誌をより良くするために目が届く社数、
そして、お互いの情報交換をするための人数に設定させていただいています。

ちなみに、東京開催分はあと残枠4社ございます。
東京開催分は、カリキュラムはもちろん変わりませんが、
参加メンバーが全国よりお集りいただくという面白さがあります。

その点では、東京開催もおススメです。
(現在、お申込みのある会社様で1番遠方は“青森県”から)

 

情報誌編集長サミットの概要&お申込み 詳しくはこちら

 

▼10/2(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(長野第1期)」 残枠1社

▼9/18(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(東京第19期)」 残枠4社

 

情報誌は、一度接点を持った方からの、
口コミ・紹介受注に効果を発揮する〔受注アップ〕のための必勝ツールです。

特に、

・新規の受注を増やしたいけど、どうやって増やせばいいかわからない。
・集客できても、受注ができない。追客が苦手で気づいたらお客が離れてい
る。
・これまで紹介だけでやってきたが、最近、紹介が減っている。

何かをしなければいけないけれど、
何からはじめていいかわからない方におススメしているツールです。

なぜなら、情報誌はお客様の手元に届く「攻めのツール」だからです。

ターゲットは貴社と一度接点をもったことのあるお客様なので、
手元には届き、見てもらえる確率は非常に高い状態。
あとは作り手の工夫次第です。
(WEBなどは、待ちのツールなのでそもそも目に入らないといことも)

・見てもらえるように工夫して
・魅力のある内容にして
・行動しやすい準備をして

つまり、しっかりつくれば反応が出るんです。

反響は、受注アップはもちろん、自信にもつながります。
自信は次への意欲へとつながります。
もちろん、最終目的は受注アップ。
私が、攻め方をお伝えします。

一緒に1年間走り切りませんか?

くせ。

「考えごとする時に、髪の毛いじるよね」
KIMG1084やめろ! とも言われますし、
やめよう! とも思うのですが、
ついつい、くせ。
 
いつから?
認識したのは、中学生の時。
当時通っていた塾の先生、
関西人でもないのに、
関西弁の先生にこう言われました。
 
「タカシは(山口のこと)、
やっと集中してきたみたいやな。
髪の毛いじり始めたら、集中しはじめた証拠や」
 
うぅん。
抜け毛も気になる今日この頃ですので、
気づいたらやめようと思っているのですが、
集中しはじめちゃうと、
それどころじゃない状態なので、結局くせはなおりません。
 
さて、今日は、原稿書きの一日。
午後も頑張ってまいります!
 
 

入稿バトル。

今日はツタエル、入稿ラッシュでした。
 
入稿日は、クライアント様にも、業者様にも、何度も何度もの確認が伴うことも。
「何度もすみません」
「いえいえ、何度でも大丈夫ですよ」
 
ちょっとした一体感すら生まれてきます。
 
でも、皆様の傍ら時間をとってくださっているので、中々捕まらないことも。
 
 
迫る入稿時間、握り締める電話。
「留守番電話サービスに接続します・・・」
 
なんでやねん!!
 
さらに迫る電話、汗ばんだ手で握り締める電話。
「トゥルル、トゥルル、トゥルルルル」
 
ガチャ!!
 
「留守番電話サービスに接続します・・・」
 
 
岡田さん、なんでやねん!!
 
 
今日、捕まえるのが1番難しかった人は、岡田でした。
 
なぜって?
今日は、岡田はとても大切なセミナーの日。
 
また、ブログにアップされるだろうことをお楽しみに。
 
入稿、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。出来上がってからが本番ですので、よろしくお願いします。
 
ご迷惑おかけしている関係各位の皆様、おかげさまで、よいツール、ラフが出来ています。ブログは軽いタッチで書いておりますが、借りがたくさんあることは、自覚しておりますので、ご容赦ください_| ̄|○

感じないいと。

Lrsg0Ux1ehnkeWl1526723883_1526723904
岡田「これは、意図を感じないな」
山口「意図はこうでこうでこうでこうで・・こう!なんです」
(食いつくように内容を説明する山口)
 
岡田「それは、わかってるよ。
でも、説明しなきゃわからないようじゃ、まだダメでしょ」
山口「そ、そうですね。
もう一度、考えてみます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホームページやパンフレット制作の
ブラッシュアップタイムの一部始終でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J6Qn1NWanz9ozCM1526723939_1526723958
山口「意図をこのように反映しました! どうでしょう?
これから行う、セミナーや会合で、出会った方にパンフレット
が渡る。その後興味を持った方が、ホームページでこのページ
を見ていただくことで・・・」
岡田「それなら、まだわかる。
であれば、ここのサイズは小さく、こことここは同じイメージ
になるようにデザインしてもらって・・・」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ツールとして、
自社の強みや伝えたいことを盛り込むことはもちろん大事。
---加えて、効果のためには、
そのツールが、
誰に向けられたものであり、
その方とのどのような接点の場面でどう使われるか。
そのためにどのような情報を提供する必要があるか?
見てもらった後、どう行動してもらうか?
などのお客様の行動を意図した上で反映させることが大事。
 
さて、もうひと頑張りです(^^)
 
 

仙台。

こんにちは!
4月よりいつも聞いてるラジオのパーソナリティが変わり、
寂しい気持ちと同時に新鮮さも感じる山口です。
 
さて、今日は、仙台へ。
KIMG0844
 
4月26日からはじまる、情報誌編集長サミットに先駆け、
プレセミナーを行います。
午前中は、クライアント様との打合せも。
今日も盛り沢山の1日になりそうです。
 
では、行ってきます!