駅までダッシュ。

やばい! セミナーに遅れる! 駅までダッシュ。
セミナー受講終了!(インスタの勉強してきました)
急げ! 駅までダッシュ。なんとか、間に合いました。

東京→長野。
19:00に長野に着いて、
某山形県の会社様のホームページデザイン打ち合わせ。

翌日は、あさイチで篠ノ井市の工務店さんへ。(電車は余裕)
顧客管理システムマジタンの説明会。
説明会というよりは、作戦会議に近かったですが。
そこから、長野に戻って情報誌編集長サミット!

・・・あっ、何が言いたいかというと、
目まぐるしくも充実させていただいております。

夜も、主催いただいている材木店・・・
なんて言い方しなくてもいいか(笑)

ツタエル総会のご発表でもおなじみの、
長野県の建材店、十一屋の小林社長と会食。
2日続けての長野飯。
山芋(長芋)がうまい! ってことを実感したお食事でした。

視線の先にあるのは、欅をくり抜いた炭火焼きの窯

2日間で、いろんな人に会いました。

まずはこちらから自己開示という場だったり、
セミナーという場だったりしたので、
喋りっぱなしでしたが、
おかげで、いろいろな繋がりもできたり、偶然のご縁ができたり。
またどっかで話をしてほしいかも?! というお話をいただいたり。
(めちゃめちゃWelcomeです! 話すすんだらお願いしますm(_ _)m)

こうやって、次・・・次・・・とつながっていける、
自分ひとりじゃできないけど、つながることでできることが増える。
その中で、自分も役立てることがある(かもしれない)ってのは、
仕事していてウキウキする瞬間の一つです。

というわけで、帰りの新幹線も、駅までダッシュ・・・せずに乗れました。
流石に一日喋りっぱなしだと喉もカラカラ。

ふ〜〜疲れた。


さてさて、明日、明後日は待ちに待った、
社内でガッツリ作業ができるDAY!
よ〜〜〜し、気合入れてやるぞ!(いろいろおまたせしてすみません)

セミナー・研修会社らしく。

ツタエルさんは、何屋さんですか?
はい、セミナー・研修を行う会社です。

得意なことは、想いを伝えること。
想いとは、商品・サービスの裏側に隠れた価値のこと。

想いが人から人に伝わることで、
お客さまが次のお客さまを次々連れてきて下さる好循環が生まれます。

そう、いわゆる口コミってやつですね。
一人ひとりの心の奥に必ずある想いを伝えることで口コミを広げる。
あなたの口コミマーケティングを構築するパートナー、そんな会社です。

・・・というわけで、そう、
セミナー・研修会社なんです。

 

(えっ? 昨日のブログは? ということで、笑ってください)

 

さて、そんなセミナー・研修会社のツタエルの、
年に1度のビッグイベントが直前に控えています。

成功するために様々な準備をしていますが、
先々週末、会場の下見(最終確認)に行ってきました。

☆ツタエル総会参加者必見 会場はこんな雰囲気です☆
品川プリンスホテル

 

 

・・・と、すみません! 会場の関係で、
懇親会のセッティングしか写真でお届けできません。

が、当日、
満員の中でも皆様ができるだけ快適に過ごせるように、
登壇者の方の顔が見えるように、たくさん交流できるように、
と打ち合わせしてきました。

2019年を元気過ごすヒントとモチベーションが手に入るかも!
お互いを高め会える出会いがあるかも!

 

そんな場にしたいと思っていますので、お楽しみに♪

 

あっ、そうそう。
たくさんの交流の機会を作るので、
名刺たくさん持ってきてくださいね!

はじめての場所で、2回目。

昨日は編集長サミット東京19期 2回目をツタエル事務所で行いました。

 

新事務所では、初のセミナー開催!
受講生のIさんからも「新しいオフィスで、ツタエルさんが新しくはじまる感じがしますね!」という言葉もいただきテンションアップ。

研修のテーマは「効果的な人の売り方」

学んだことを活かしながら自己紹介をする場面もあったせいか、
参加者同士のコミュニケーションも活発になり、良い情報交換ができたと好評でした。

▼ご参加者の声

「大変良かった。他社様の話がとても役立ちました、早く第一号を送れるように努力します」K社K社長
「自己開示ができるようになった気がします」K社K常務

 

さて、明日は仙台、来週は長野で編集長サミットがあります。

あっ、あらたなスタートと言えば、今日も・・・
この話はまた後日。

 

それでは!

 

長野の皆様へ 「残枠あと1社!」

 

ピロン♪ (メールが届いた音)

「セミナーのお申込みがありました」

現在参加募集中の
口コミ・紹介受注に効果を発揮する「定期情報誌」の発行をサポートする、
『情報誌編集長サミット(全12回)』

メルマガを発信した直後にお申込みをいただきました。
ありがとうございます。

 

このお申込みで、長野開催分が、残席1社となりました。

また、検討中」の連絡をいただいている会社様が、
プレセミナーお申込みの会社様も含めて20社さんほどいらっしゃるので、

プレセミナーをする前に、枠が埋まってしまいそうです。

~成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
<全12回>講師の私、山口があなたと一緒に走り抜けます~

成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
まず、私からのはじめのアドバイスです。今回、東京・長野の同時期に編集長サミットをスタートさせることは、私にとってもはじめてのチャレンジなんです。

・・・同時開催できるかな? 集まるかな?
そう迷った時に思ったことが「迷ったら、すすめ!」ということでした。
すすんだ結果、おかげさまで多くの申込み、引き合いをいただいています。

・・・やっぱり、すすむことで道は開ける。 今、まさに実感していることです。

本当にそこまでできるのか? ご安心ください。
受講生には「シャインが輝けば会社も輝く!」を信念としている講師のシャインプロデューサー山口が、イチから徹底的にサポートし、一緒に頑張ります。

 

なので・・・ 急いでお申込みください。
(特に参加をご検討しているあなた!)

 

 

 

※ツタエルのセミナーは、先着順です。

編集長サミットの定員は、
1社、1社の情報誌をより良くするために目が届く社数、
そして、お互いの情報交換をするための人数に設定させていただいています。

ちなみに、東京開催分はあと残枠4社ございます。
東京開催分は、カリキュラムはもちろん変わりませんが、
参加メンバーが全国よりお集りいただくという面白さがあります。

その点では、東京開催もおススメです。
(現在、お申込みのある会社様で1番遠方は“青森県”から)

 

情報誌編集長サミットの概要&お申込み 詳しくはこちら

 

▼10/2(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(長野第1期)」 残枠1社

▼9/18(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(東京第19期)」 残枠4社

 

情報誌は、一度接点を持った方からの、
口コミ・紹介受注に効果を発揮する〔受注アップ〕のための必勝ツールです。

特に、

・新規の受注を増やしたいけど、どうやって増やせばいいかわからない。
・集客できても、受注ができない。追客が苦手で気づいたらお客が離れてい
る。
・これまで紹介だけでやってきたが、最近、紹介が減っている。

何かをしなければいけないけれど、
何からはじめていいかわからない方におススメしているツールです。

なぜなら、情報誌はお客様の手元に届く「攻めのツール」だからです。

ターゲットは貴社と一度接点をもったことのあるお客様なので、
手元には届き、見てもらえる確率は非常に高い状態。
あとは作り手の工夫次第です。
(WEBなどは、待ちのツールなのでそもそも目に入らないといことも)

・見てもらえるように工夫して
・魅力のある内容にして
・行動しやすい準備をして

つまり、しっかりつくれば反応が出るんです。

反響は、受注アップはもちろん、自信にもつながります。
自信は次への意欲へとつながります。
もちろん、最終目的は受注アップ。
私が、攻め方をお伝えします。

一緒に1年間走り切りませんか?

リニューアル。

毎月1回伺わせていただいている、
群馬県沼田市の住まいのGEN
 
こちらは、情報誌会議の様子です。
KIMG0790
1年経った、GENさん通信、
5月号からは、編集長もバトンタッチし、新たな船出をする予定。
・お客様に役立つ情報を提供とは何か?
・楽しい誌面にするにはどうすればいいか?
今回のリニューアル号では、
自分たちだけでなく、お客様や協力業者様にもご協力いただきながらつくるページが大増量。
今まで以上に、売り手だけでなく、買い手目線を取り入れた誌面になる予定です。
 
出来上がりが楽しみです!
 

カレー屋ケンちゃん、お越しいただきました。

岡田ブログですっかりお馴染み!?
カレー屋(本業は違いますが)ケンちゃんこと、
カレー屋ケンちゃん第2話 (岡田ブログ)
カレー屋ケンちゃん (岡田ブログ)
十一屋の小林社長が、長野から東京(しかも武蔵小金井まで)にお越しいただきました。
東京に用事が・・と言っても、武蔵小金井までは、そこから40分。有り難いことでございます。
話しは、只今、真っ最中のシリーズ研修について。私は、添削担当として、サポートさせていただいているので、各社さんにお会いできていないのですが、小林社長の熱いお話で、なんだかそれぞれの工務店様に会ったことあるような気分に・・・
(と、言いつつ添削は、会ってないことをいいことに、ビシバシいかせていただくかもしれませんが(^^))
そんな熱い小林社長から、優しいリクエストが一つ。
「少しは気持ちが楽になるように、優しさを込めてピンクのペンで添削いただけると・・・」
 
え〜〜〜(´;ω;`)
と、戸惑っていると、その時、山口の机の上の赤ペンがピンクに。。。

社長の愛がペンにこもりました。今回は、そんなピンクペンで、しっかり添削をして、近い将来カレー屋ケンちゃんにも、参加させていただきたく思います。
本日は、ご来社ありがとうございました!!

最終回。

 
ここは居酒屋。
 
KIMG0588
 
視線の先には・・・
 
KIMG0587
 
岡田の熱弁!!
 
 
と、懇親会の様子から失礼しました。
 
なぜか? すみません、本編の写真をおさめていなかったからです(汗)
 
 
山形での「自力で受注を取るチカラ養成研修」の最終回でした。

自分で受注を取る力養成研修とは、
4回の中で、チラシの作り方、イベントの企画の仕方、そして『あなたのイベントに行きたい』と思ってもらえる想いの伝え方を学び、実際にイベントを実行していただく研修です。

約5ヶ月間の研修期間の最終回。
この日は、各社の成果発表があり、懇親会の席では、目的を達成した会社の成功要因について話をしていました。

ーーーやっぱり、成功している会社は、ひと工夫違うよね!

今回の研修は、どの会社様も、しっかりとノウハウを実行し、
ひと工夫した結果、目的に合わせた成果が出ました。

だからこそ、懇親会もこの盛り上がり!

私も、各社のフォローを中心に携わらせていただき、嬉しい限りです。

以下、ご参加の皆様の感想です(公表OKの方のみ)

◆T  O様
ありがとうございました。
お客様のイベントにも企画から参加させていただき、今後の集客につなげてもらえるよう頑張りたいと思います。
 
◆有限会社後藤住建  後藤 満様
4回の研修と、3回目と4回目の間に行ったイベントが大変役に立つ、経験と武器になると確信に変わりました。今回経験したことを活かしていきたいと思います。
 
◆株式会社K  N様
短期でこれほど実のある内容で大変参考になりました。
実行することが大事だと思うのでイベント実施をやっていきます。
 
◆株式会社K  T様
27時間の研修、芯となる部分を学ばせていただきました。
これからの受注活動に生かしていきたい事ばかりでした。生かしていくことで受注UPしていけると今から楽しみです。社員一同頑張っていきたいです。
 
◆T株式会社  T様
大変ためになるセミナー、ありがとうございました。
2回、3回と続く事に期待しております。
 
◆E有限会社  K様
宿題のイベントは結局、50万もかけて私の意見の外で開催してしまったが、次回というかこれから私主導で、お客様目線で楽しめる役に立つイベントを開催したいと思う。
 
◆有限会社斎藤工務店  斎藤 博人様
4回セミナーを通して大変勉強になりました。
この学んだ事、時間を無駄にしないためにも必ずキャンペーンを実施し、イベントの目的を達成したいと思います。岡田社長の聞きやすさ、ためになる話、山口さんの情熱的なフォローと進行もすごく良かったです。
 
◆有限会社W  W様
企画をすることの難しさ、考え方が大きく変わってとても勉強になりました。顔を売ること、お客さんに喜んでもらえるようこれからがんばって取り組みたいと思います。
 
◆有限会社Y  I様
ターゲット、イベントを考えるのがとても大変でしたが、改めて自分のウリを再考するきっかけになり良かった。
全スタッフでイベントをしたことにより、会社全体として意思統一ができたかと思われます。イベントをやってみるとお客さんとのつながりが楽しく、もう一度何かのイベントを行ってみようと感じました。とても良かったです。ありがとうございました。
 
◆有限会社手塚建材  高橋 恵理子様
計4回の研修、本当にありがとうございました。
参加する前の不安や悩みが解決出来て、とても感謝の気持ちでいっぱいです。これからも今回教えていただいた事を忘れず、お客様の為のイベントを開催していきたいと思います。
本当にありがとうございました。
 
◆有限会社手塚建材  手塚 直美様
ツタエルさんの講習を受けて、本当に暗闇の中から脱出できたように思います。新しい事にチャレンジを始めて、悩みながら自分なりに社員と考えてきましたが本当に受けて良かったです。今からが大事だと思います。がんばります。
ありがとうございました。
 
 
ここが、スタートライン。
私も次なる企画を用意して、お役に立っていきたいと思います。
今後共、よろしくお願いします!!

参加者アンケート。

ツタエルでは、講演、セミナー、研修を行った後、
ご参加いただいた皆さまよりアンケートをいただいております。

実際に届いたアンケート


 
先日、卒業式を行った情報誌編集長サミットにご参加いただいた6社6名の皆様からもアンケートをいただいたのですが、とても熱〜い内容を書いていただいたので、皆さまの参考にもなればと共有させていただきたいと思います。

6社6名の皆様


 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
一年前、社長から急に「この情報誌を作るセミナーに行ってきて!」とチラシを渡された時はとても驚きました。情報誌が何なのか、出すことの意味もわからないまま、一年間、毎月東京まで行くことも私にとっては思いもしないことばかりでした。
会社の情報誌を作って、お客様にお届けするということは、考えたこともなく、私に出来ることなのか不安でいっぱいでした。
実際セミナーに参加させていただいて、他社の情報誌や、セミナーでのみなさんの意見を参考になんとか、情報誌を当社のお客様にお届け出来るようになりました。
情報誌を発行することにより気づいたこともありました。情報誌の内容について社員全員で初めて社内会議をしました。今まで、全員でやったことはありませんでした。
そして全員にコラムを書いてもらうと、いろんな趣味があることや、興味があるものなど日々の仕事の中では、わからなかったことを知るきっかけにもなりました。
卒業課題としてイベントを開催するということも、私にとっては貴重な経験となりました。
情報誌を発行してみて、文章で伝えることは、本当に難しいことだと思いました。なかなか思うように出来ず、まだまだ改善しなければいけない点もありますが、2ヶ月に一度、長く発行し続けていきたいと思います。
一年間ありがとうございました。
山口様、毎回汗だくになりながら(場所により体感温度も違って…)丁寧に教えて頂いてありがとうございました。
ツタエル様、山口様、一年間お世話になりました。
Y社K様(青森県)
 
ーーーーーーーーー
 
一年間という長いようで短い期間でしたが、非常に中身の濃い一年間でした。
始めは半信半疑で聞いていた講習でしたが、実際に講習内容を実践してみると思っていた以上のお客様からの反応がありました。正直私だけでなく、会社スタッフも驚いていました。
今回「編集長サミット」を受講して良かった点は、情報誌はOBの方だけではなく、新規顧客にも効果があり、またお客様の購買意欲の段階やステップアップの方法を学べたのが非常に良かったです。
また、情報誌以外にも自社のパンフレットや現在やっているチラシづくりの講習でも非常にお世話になっております。これからも是非宜しくお願いします。
気づいた点は特になかったのですが、山口さんのトークに熱が入りすぎて時間をオーバーしてしまう事が多々ありました!笑
楽しかったので特に気にしていませんでしたが、気づいた点といえばその位でした。
短い期間でしたが大変お世話になりました。
また、添削等をお伺いするかもしれませんが、これからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
K社 K様(青森県)
 
 
ーーーーーーーーー

1年間編集長サミットご指導頂き、ありがとうございました。

最も大切な事は情報誌がお客様にとっての役立ちになっているか?を考えながら作る事と言う事を学び自分で作成してきましたがスタッフのみんなにどう伝えたら良いのか分からないときに山口さんが展示場に来てスタッフに話して下さったのでそれから編集会議がスムーズにすすむようになりました。本当にありがとうございました。

山口さんをはじめ相澤さんや内藤さんのおかげで無事卒業することができました。

サプライズの卒業式もありがとうございました。とても感動しました。全国の同期と情報を交換できる月1回の会議とても楽しかったです。

これからも宜しくお願い致します。

D社K様(栃木県)
 
 
 
 
ーーーーーーーーー
 
1年間大変お世話になりました。
当初、作っている情報誌に満足している部分もあり、卒業式でもポロッと言ってしまいましたが、半信半疑の参加でした。ですが、回を重ねるごとに新たな発見も多く、受注を目指す情報誌として何がどうダメなのかに気付く貴重な時間だったなと思います。
また山口さんはもちろん、沢山の受講者の方の意見もすごく参考になりました。毎月、情報誌の意見交換もとても良かったです。
今後も行き詰った時は相談に乗って頂けたらなと思います。
優しく丁寧にご指導して頂きありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
 
S社Y様(和歌山県)
 
ーーーーーーーーー
 
 
ツタエルさんの編集長サミットに参加してよかったことは、一年間続けたことで情報誌が変わったこと。
一年前は何の反響もなかった情報誌ですが、変わってきたらお客様から「変わったね。」
「毎月楽しみにしています。」「文章はヘタだね。」「応援しています。」など感想や激励のメッセージをいただける様になりました。
今までのやり方を変えることは、簡単ではありませんでしたが、山口さんやサミットの仲間の応援もあり、最後まで続けることができました。
これからも継続していきます。
ありがとうございました。
 
W社 N様(茨城県)
 
 
ーーーーーーーーー
 
(株)ツタエルの皆様、1年間誠にお世話になりました。
第1回の「台北(小金井の居酒屋)」の夜に始まり(笑)、第3回には写真の講師もさせて頂きました。
参加者の皆さんとも講師として、写真の質問を受ける事等を通じて、打ち解けていた様に思っています。
特に山口様とは私が悩んでいる最中に、わざわざ青森までお越し頂き、社内で私が伝えきれていなかった部分を、分かりやすく社員に伝えて頂き、更に月々の情報誌の添削、イベントのアドバイス等、なんとお礼を申し上げてよいか分からない程お世話になりました。
岡田社長、青森での講演の際、ご縁を頂く機会を作って頂き、ありがとうございました。金様、自己紹介カードへのアドバイス、ありがとうございました。社内で徹底出来る様がんばります。
内藤様、POP講習、ありがとうございました。今後生かせる様がんばっていきます。繰り返しにはなりますが、今後ともよろしくお願いします。
 
A社A様(青森県)
 
 
ーーーーーーーーー
 
 
励みになります!
そして、今後より伝わるセミナーになるために活かさせていただきます。
アンケート、ありがとうございました!!
 
☆★★情報誌編集サミット新クラスが9月より開校!!
◇日時:第1回 2017年9月21日(木) 13:30~17:30
※2回目以降の日程はお申込み後ご案内いたします。
◇定員:6社限定
◇費用:32,400円(税込)/1人×12回(1年間)
全12回388,800円(税込)
※2人目は+10,800円(税込)※1社2名まで
◇会場:ツタエル東京オフィス(東京都小金井市)
◇講師&ファシリテーター 山口 崇
 
▼まだまだ参加者募集中です! 詳しくは以下ご欄ください。
 詳しくはこちらをクリック!!

情報誌編集長サミット卒業式。

先週の話ではありますが、情報誌編集長サミットの卒業式が行われました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「1年間があっという間でした!」
そんな嬉しい感想もいただきながらの最終回。
受講生の1年間の集大成の発表会の後は、卒業式が行われました。
6社6名様の皆様揃って無事卒業。
・卒業証書授与
・卒業生より一言
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
「社長のすすめではじめは半信半疑の参加でしたけど、
回を追うごとに勉強になることも多く、よかったです」
(はじめは半信半疑だったんかーい^^)
「参加した受講生の皆様からのアドバイスがなければ、
ここまでやってこれなかったです。皆様に本当に感謝です」
(・・僕は?)
なんて、山口の突っ込みは冗談として、最後に私からも一言お話しさせていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
皆さま、お互いが良くなるために本音が言い合える、
本当にチームワークのよいチームだったと思います。
当日も申し上げましたが、これから先の「継続」「発展」が大事です。
このチームワークも「継続」「発展」していけるようお互い見守りあいましょう!
 
 
 
最後に集合写真。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
 
・・・ん~~~、なんか普通ですね byカメラマン金
 
 
・・・というわけで、
 
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
 
うぉ~~~~~!
 
1年間、本当ありがとうございました!

お客様の声。

「お客様の声って、大事だよね」
「なんでそう感じられるんですか?」
「やっぱりお客様の喜んでいる姿が、
お客様が一番求めている姿だと思うんですよ。
求めているものを載せるのが一番だと思いますから」
 
「あと、今山口さん言ったように、自分のウリにも気づけますよね
自分では気づけない、お客様が知っている本当のウリに気づくためにも
大事だと思うんです。でも・・・」
「でも?」
「お客様の声って、皆さまどうやってOKしてもらってるんですかね?」
「撮らせてくださいと言うことですね。」
「あっ、やっぱり? シンプルに?」
「意外とOKしてくれますよ、例えば今、誉田さんに一緒に撮ってくださいって言ったら、断ります?」
 
「いやっ・・・断らないですね。確かに、言うってしてなかったかも」
「ですよね」
「あっ、そう言えば、山口さんもそういうこと言ってきたの初めてですね」
 
「・・・あっ」
「言うって、大事ですね。忘れちゃダメですね」
 
というわけで、パシャリ!
 
KIMG1716
 
 
以上、編集長サミット補講レポートでした。