スグできる理由。

 

 

 

 

・・・はい、昨日は朝からコインランドリーのチラシを作成していました。

●キャンペーンチラシ
●予告チラシ
●LINE@開設、チラシ作成
●ショップカード
●ホームページ開設 などなど てんこもり。

でも、お待たせしている仕事もあるし、
ツタエル総会にお誘いしたい方もまだまだいっぱいいる!
※のに・・あと60名になってしまった(なんか、ヤバイ!) 

ということで、時間をあまりかけられない! という条件だったので、
事前にあることをして、3時間で一気に仕上げました。

 

はい、でここからが本題です。

もちろん、「ほらっ! この制作スピード早いでしょ」ってことが言いたいのではないですよ。

したかったのは、事前にしたあることの話です。

実は1日前、社内会議をしました。
そこで、チラシづくりの前に「誰に」「何の役立ちをする」コインランドリーであり、そのキャンペーンであるかを全員で再認識する会議を1時間行ったのです。

 

共働きなどで忙しい家庭に、
コインランドリーを通じて「時短」を提供することにより、
大切な家族との時間や自分の時間を有意義に過ごしてもらいたい。

 

役立ち=コンセプト がハッキリしていることで、
特に忙しい「年末」だからこその企画であり、
家族と一緒にいる様子(ベネフィット)が絵に浮かびあがります。

 

・・・結局会議には時間がかかっているのでは?

 

そう、ですね。でも、ね。
↓↓↓ こんなことではテンション上がんないですもんね。

~チラシづくり担当の方あるある~
「来月こんなキャンペーンやるから、チラシ作っといて!」と言われて、
やる内容のみの情報で、コンセプトから謳い文句まで任されて、
最終的に尖ったコンセプトを出したら、それはちょっと合わないなぁと言われ、
結局毎回無難なチラシになる」

 

本来、お客様に魅力が伝わってこそのチラシですから、
その前に「誰に」「何の役立ちをする」かを明確にしておくことって大事ですよね!
と、結局いつもの話しに戻るわけでございます。

 

 

さてさて、チラシはパパっと作ったくせに、
ブログに30分かかってしまった。

では、また!

就任祝い。

「今年は、特別な一日なんです」

 

昨日は、ホームページクライアントであります、
埼玉県越谷市の東都ハイム様の「望年会」にお招きいただき、
参加してまいりました。

東都ハイム様にとってこの「望年会」は毎年恒例行事ではあるのですが、
冒頭の言葉どおり、今年は、特別な意味がありました。

その意味とは・・・

来年度(4月)より、
現副社長が、代表取締役社長となり、
新たに会社の舵をとっていかれるというお祝いの席でもあったのです。

会の冒頭、
新会長のこれまでの想いが詰まったご挨拶に続き、
「革新なくして、継続なし」新社長のこれからの決意のご挨拶がありました。

お二人のお話をお聞きし、
私自身もお付き合いいただいた頃にいただいた
「永くパートナーとしてやっていけるような気がして」
と私達を選んでいただいたことを思い出しました。

(よ~し、やったるぞ! 応援させていただくぞ!)という気持ちです。

 

私は、この「望年会」に参加するのは初めてでしたが・・・

 

あっ、そうそう、
さっきから年会の文字、気になってましたよね?

これは、この会の発起人であります新会長の、
「年を忘れる会ではなく、次の年に望みを持つための会でありたい」
という想いの元、この文字を使われるようです。

 

・・・

 

なるほど!と心に響いた方もいれば
まぁ、なるほど!と思った方もいるかもしれませんが、
私は、思い入れのある会に、
一つの言葉を大切に意味を持ることにこだわれる方って素敵だなと思います。
(うまく言うことが大事ってことではなく、ですね)

 

こだわっている言葉は大切したいですよね。

 

そんな望年会で前後左右に座った方に、
ツタエルって、いい名前ですね、と言っていただきました。

ある方には、動きのある名前ですね! と言っていただきました。
確かに、ツタエルって、動詞ですので動きを感じる名前かもしれませんね。

そして、ある方には「伝わる」ではないんですね と言っていただきました。
そうなんです、勝手に伝わる(伝わったらいいな)のではなく、
自分の想いを「ツタエル」んだという、自分から伝える! という熱意を込めているんです。

 

はい、これも、忘れていたわけではないけど、
改めて噛みしめて、の望年会になりました。

 

お招きいただきありがとうございました。

 

はじめての場所で、2回目。

昨日は編集長サミット東京19期 2回目をツタエル事務所で行いました。

 

新事務所では、初のセミナー開催!
受講生のIさんからも「新しいオフィスで、ツタエルさんが新しくはじまる感じがしますね!」という言葉もいただきテンションアップ。

研修のテーマは「効果的な人の売り方」

学んだことを活かしながら自己紹介をする場面もあったせいか、
参加者同士のコミュニケーションも活発になり、良い情報交換ができたと好評でした。

▼ご参加者の声

「大変良かった。他社様の話がとても役立ちました、早く第一号を送れるように努力します」K社K社長
「自己開示ができるようになった気がします」K社K常務

 

さて、明日は仙台、来週は長野で編集長サミットがあります。

あっ、あらたなスタートと言えば、今日も・・・
この話はまた後日。

 

それでは!

 

一緒に。

 

長野の翌日は、金と一緒に岩手県盛岡市へ。
株式会社FPコーポレーション様 主催
FPの家・北日本「自分で受注を取るチカラ養成研修」3回目

 

昨日は、岡田と一緒に茨城県小美玉市へ。
株式会社久米工務店様で出張戦略会議。

 

2社様とも、サポートということで、1社、1社、お一人、おひとりに、
細かいアドバイスなどをさせていただく傍ら、
2人の人気講師陣の話し方、場の引っ張り方など、
じっくり研究させていただきました。

これは、岡田、金に限った話ではないと思いますが、
同じことを伝えるのにも、やはり個性が出るし、
それによって、その場の雰囲気も変わるので、
今回は、連続で行かせていただいたゆえ、
その違いも感じながら、話を聞かせていただきました。

 

さて、来週は自分の番も結構あるので、
参考にした部分を活かしていきたいと思います!

長野、これから1年間。

2日(火)長野でセミナーをしてきました。

2回連続で長野での話題になったからか、
「長野営業所の山口さんですよね?」という冗談も飛びつつですが、
前回ブログでお話した「まさかの第5回」に引き続き、
研修会をやる機会をいただき、長野にやってきました。

情報誌編集長サミット[長野1期]。
長野開催は初めての開催でしたが、おかげさまで定員いっぱい。
参加者10名 オブザーバー2名 の12名でのスタートとなりました。

小林社長、撮影ありがとうございます!

 

参加者様の自己紹介では、
緊張をほぐすことと、お互いのことを知る目的で、
「最近のマイブーム」についてお話いただきました。

皆様「マイブームなんて言われても・・」と言いつつも、
話題を探してお話いただいたことで、大変盛り上がり。
良い雰囲気でスタートすることができ一安心です。

研修をさせていただいたり、
受けさせていただいたりする中で思うことですが、
研修の雰囲気ってとても大事。

だからこそ、学びやすい、
意欲的になれる雰囲気づくりを作っていきたいと思います。

 

⇒受講生の皆様へ
これから、毎月1回1年間の研修となります。
皆様、よろしくおねがいします!
シャインな情報誌を作っていきましょう!

当日の参加者のご感想はこちらをクリック

 

 

元気な人に会うと元気になれる。

こんにちは。

少々久々の更新になってしまいましたが、
元気でやってますよ!
行くとこ行くとこでたくさんの元気をもらっています。
プライベートとお仕事と一つずつご紹介します。

ジャジャン♪

祖母とツーショット。

敬老の日、
名古屋に住んでいる祖母の家に行ってきました。

1年に1回くらいしか行けませんが、
ひ孫との団らんを楽しみにしてくれていること、
何より半日、3歳の子ども相手ができるくらい、
元気でいてくれていることが嬉しく感じる1日でした。

そして、ジャジャン♪

 

19日(水)は、長野で総勢70名の熱い会合。
建材店の株式会社十一屋さんが、
工務店の集客・受注の支援のために企画した研修会。
「とにかく工務店に役立ちたい」その想いが輪を広げ、
十一屋さんのお得意様だけでなく、
オブザーバーとして、全国より元気いっぱいの
メーカー・建材店・材木店そして、工務店様が集結。

今回は、研修サポーターとして携わらせていただいたのですが、
どうせなら、
「お互いにパワーの送り合いができるように」
「声を上げて、先頭を切って走る十一屋さんの想いが伝わるように」
開始までは不安もあったのですが、
終了後のアンケートにも熱いメッセージがたくさん。
想像以上の熱い会合となりました。
(現在、レポート編集中)

「元気なところに元気が集まる」
「元気に触れると元気になれる」

これからもそんな機会をたくさんつくっていけたらと思います。

実は、先週は他にも
全国編集長サミット17期の最終回、
全国編集長サミット19期の初回と、
お伝えしたいことは、山ほどあるのですが、今回はこの辺で!

長野の皆様へ 「残枠あと1社!」

 

ピロン♪ (メールが届いた音)

「セミナーのお申込みがありました」

現在参加募集中の
口コミ・紹介受注に効果を発揮する「定期情報誌」の発行をサポートする、
『情報誌編集長サミット(全12回)』

メルマガを発信した直後にお申込みをいただきました。
ありがとうございます。

 

このお申込みで、長野開催分が、残席1社となりました。

また、検討中」の連絡をいただいている会社様が、
プレセミナーお申込みの会社様も含めて20社さんほどいらっしゃるので、

プレセミナーをする前に、枠が埋まってしまいそうです。

~成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
<全12回>講師の私、山口があなたと一緒に走り抜けます~

成功への近道は「迷ったら、すすめ!」
まず、私からのはじめのアドバイスです。今回、東京・長野の同時期に編集長サミットをスタートさせることは、私にとってもはじめてのチャレンジなんです。

・・・同時開催できるかな? 集まるかな?
そう迷った時に思ったことが「迷ったら、すすめ!」ということでした。
すすんだ結果、おかげさまで多くの申込み、引き合いをいただいています。

・・・やっぱり、すすむことで道は開ける。 今、まさに実感していることです。

本当にそこまでできるのか? ご安心ください。
受講生には「シャインが輝けば会社も輝く!」を信念としている講師のシャインプロデューサー山口が、イチから徹底的にサポートし、一緒に頑張ります。

 

なので・・・ 急いでお申込みください。
(特に参加をご検討しているあなた!)

 

 

 

※ツタエルのセミナーは、先着順です。

編集長サミットの定員は、
1社、1社の情報誌をより良くするために目が届く社数、
そして、お互いの情報交換をするための人数に設定させていただいています。

ちなみに、東京開催分はあと残枠4社ございます。
東京開催分は、カリキュラムはもちろん変わりませんが、
参加メンバーが全国よりお集りいただくという面白さがあります。

その点では、東京開催もおススメです。
(現在、お申込みのある会社様で1番遠方は“青森県”から)

 

情報誌編集長サミットの概要&お申込み 詳しくはこちら

 

▼10/2(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(長野第1期)」 残枠1社

▼9/18(火)~ 「全国情報誌編集長サミット(東京第19期)」 残枠4社

 

情報誌は、一度接点を持った方からの、
口コミ・紹介受注に効果を発揮する〔受注アップ〕のための必勝ツールです。

特に、

・新規の受注を増やしたいけど、どうやって増やせばいいかわからない。
・集客できても、受注ができない。追客が苦手で気づいたらお客が離れてい
る。
・これまで紹介だけでやってきたが、最近、紹介が減っている。

何かをしなければいけないけれど、
何からはじめていいかわからない方におススメしているツールです。

なぜなら、情報誌はお客様の手元に届く「攻めのツール」だからです。

ターゲットは貴社と一度接点をもったことのあるお客様なので、
手元には届き、見てもらえる確率は非常に高い状態。
あとは作り手の工夫次第です。
(WEBなどは、待ちのツールなのでそもそも目に入らないといことも)

・見てもらえるように工夫して
・魅力のある内容にして
・行動しやすい準備をして

つまり、しっかりつくれば反応が出るんです。

反響は、受注アップはもちろん、自信にもつながります。
自信は次への意欲へとつながります。
もちろん、最終目的は受注アップ。
私が、攻め方をお伝えします。

一緒に1年間走り切りませんか?

満員御礼

とろけるような暑さ。

夏の準備とか偉そうなこと言ったくせに風邪をひいた山口です。

さて、そんな中、
ホームページやメルマガで告知させていただいておりました、
株式会社白石工務店様の会社見学会、定員にて満員御礼となりました。

ご参加お申込みいただいた皆様、ありがとうございます。

実は先日、白石工務店様にお伺いして、
当日の打合せを午後いっぱいみっちりとさせていただきました。

はじめは2回目ということもあり「前回と同じ流れで・・・」
なんて言いながらラフに始まった気もする打合せですが、はじまると一変。

「実は、こんな話をしていただきたくて」

「だったら、話す人は変えた方がいいんじゃない」

「前回の反省を活かして、もっと說明を入れよう!」

「スタッフさんがご発表いただく場面があっても面白いですね」

打合せ後日の電話でのやり取りをして、
白石工務店様にとっても新たなチャレンジが加わった、
前回よりパワーアップした、白石工務店様をお届けできるプログラムになってきました。

会社見学会は、貴重な営業日をお借りしてその中身をお見せいただくというとてもありがたい機会。快諾いただいた白石工務店様皆様に心より感謝申し上げます。

「せっかくの機会だから、お互いに吸収しあえる機会にしたいですよね!」
明るく話す皆様と一緒に、良い見学会にできるよう準備すすめてまいります。
お申込みいただいた皆様、楽しみにお待ち下さい!

KIMG1171

お待ちしてま〜〜〜す!! by白石工務店様
(営業終了後の会議後なのに、この笑顔!!)

行っては戻り、行っては戻り。

 
KIMG1088
 
この時期、夕暮れになると、
山口のデスクにちょうど西日があたります。
事務の堀田さんが、気を聞かせてブラインドをおろしてくれようとしました。
 
堀田さん
「眩しいですよね?」
山口
「シャインプロデューサーなんで、眩しくないです」
 
・・・(沈黙)
 
思いついたことを言えばいいわけじゃないですよね。
ついつい、素直に「はい! お願いします!」が言えない山口です。
 
今は、
西日にも気づかないくらい、行ったり来たりしています。
どこを?
それは、企画と目的です。
 
KIMG1087
 
以前、メルマガでこんなことを書かせていただきました。
 ■もうひと工夫するためには、一度目的に立ち返るべき
 イベントの企画がある程度煮詰まってくると、何かもう一つ足りないなぁ、
 もうひと工夫できないかなぁ、と思う瞬間があると思います。
 そう考えることはとてもいいことです。
 でも、一つ気をつけていただきたいことがあります。
 その時には、必ず、イベントの目的に立ち返って、その目的を達成するた
 めの企画になっているかを考えること。
 例えば・・・
 
 その日のうちに受注をするため
 →ご夫婦2人で来てもらう工夫が必要だよね!
 →そのためには・・・
 顧客のランクアップのため
 →実際に家を建てたオーナー様の声を聞かせたいよね! 
 →そのためには・・・
 など、まず目的から考えるのです。
 
今日は、提出したもののフィードバックがたくさんある日でした。
進化させなければいけない企画、やり直しの企画。
いずれにしても、
今一度、目的に立ち戻って練り直し。
「そうそう、これが欲しかった!」
をつくってまいります。

くせ。

「考えごとする時に、髪の毛いじるよね」
KIMG1084やめろ! とも言われますし、
やめよう! とも思うのですが、
ついつい、くせ。
 
いつから?
認識したのは、中学生の時。
当時通っていた塾の先生、
関西人でもないのに、
関西弁の先生にこう言われました。
 
「タカシは(山口のこと)、
やっと集中してきたみたいやな。
髪の毛いじり始めたら、集中しはじめた証拠や」
 
うぅん。
抜け毛も気になる今日この頃ですので、
気づいたらやめようと思っているのですが、
集中しはじめちゃうと、
それどころじゃない状態なので、結局くせはなおりません。
 
さて、今日は、原稿書きの一日。
午後も頑張ってまいります!