Happy! New Year☆

Happy! New Year☆ って・・・欧米かっ!

 

パン! って・・・欧米かっ!

 

2019年、はじまりましたね。
本年も、よろしくお願いします。

 

正式な始まりはツタエルの営業日開始日「1月7日」として、
まずは、山口ブログのスタートのご挨拶をさせていただきます。

 

あけまして、おめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。

 

今年は、写真のパンのように“手作り感”を大事にしたブログを作っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

コメントもお気軽に(^^)

 

※パンは、自宅のホームベーカリーで焼いたものです。
ホームベーカリー、焼き立てパンが、結構美味しくできてオススメですよ♪

本年も大変お世話になりました。

12月31日 おはようございます。

年末の3日間、
胃腸の調子がおかしく(おそらく娘の幼稚園で流行っていたらしい)
水と簡単な食事しかとらなかった結果、3日間で3kg減と身体が軽くなり「不幸中の幸い」とはこのことだな、と思う山口です。

 

さて、大晦日。
今年1年、ツタエル、そして山口ブログをご覧いただき、
ありがとうございました!

今年は、60回の投稿とほぼ1週間の1回のペースでの更新となってしまっていた山口ブログも最後の更新です。今年も、ツタエルはもちろん、この山口ブログもご覧いただいている皆様のおかげで大晦日を迎えることができました。

今年は、活動報告をするブログが多かったためか、
ブログご覧の皆様からは、会うたびに「●●行ったんだってね〜」という話をいただくことが多かったように思います。

また面白いことに、このブログが“私のその時の様子”がわかりやすいらしく「最近、調子いいみたいね! だってブログ面白くなってきたもん」などとお話いただくこともありました。

ということで、
来年の山口ブログは、
読むと「人に話たくなるちょっといいネタ」を提供しつつ、
等身大の姿をお届けしながら、自己主張になりすぎない、
等身大も楽しんでいただけるようなブログを目指して書き綴っていきたいと思います。

 

それでは! 本年も大変お世話になりました。

皆様にとって、
今年が、良い1年だと思って締括くれますように。
来年が、さらに良い1年になりますように。

 

本当に、ありがとうございました!

良いお年を♪

 

▼Facebookにはアップしたのにブログにアップしなかった画像たち(抜粋)

周りが苦手にしていることで。

最近、住宅会社さんに伺ったときに、
ついつい熱弁してしまう話があるんです。

それが、住宅のスマートホーム化(Iot化)
すごく便利で、上手に使えばお客様の生活を楽にするはずなのに、
イマイチ普及度が弱い気がするんですよね。

 

先日、我が家にスマートスピーカー(Googlehome)がやってきた!
ということで、先日のブログでちょこっと紹介しましたが、

ついに・・・

Nature Remo(ネイチャーリモ)がやってきました!

Nature Remoって、簡単に言うと、
Google home(やスマートフォン)と家電をつなぐためのリモコン。

Google homeはあるけど、家電がスマートスピーカーに対応していない! なんて方も多いと思いますが、これがあればTVCMで見たこれ↓ができるようになりました。


 

~Nature Remo とは? ※ホームページより~

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、お使いの家電をインターネットに繋げることで、手軽にスマートホームを実現するスマートリモコンです。例えば、外出先からスマートフォンでエアコンを操作したり、Google Home(グーグルホーム)やAmazon Echo(アマゾンエコー)から音声でテレビや照明を操作することができます。

※この商品に限らず、この機能を果たすものは、スマートリモコンというジャンルで多くの商品があります。

 

 

さて、モノは試しで使ってみましたが、山口の感想・・・

 

 

超便利! 

超便利! 

超便利!

 

声で、家電を操作できる。
これ、3回言いたくなるくらい便利です。

 

私のように子どもがいる家庭では、
手が離せない、目が話せないときに。

おじいちゃんおばあぁちゃんでは、
暗がりでリモコンが手元になりときに。

先日、「よくわからない」言っていた妻も、
子どもを抱えながら、思い出したように「OKGoogle! テレビをつけて」とやってました。

 

老若男女、誰にとっても便利な道具。

これからの住宅の提案に入れれば絶対喜ばれますよ!

生活をグッと、楽にしてくれる技術。

Iot化、Iot化と騒がれて数年。

大阪/関西万博も決まり、国全体もその流れが加速することも見えていますが、でもまだ浸透しきっているか?というと、まだまだなことも感じるこの分野。

住宅業界にとっては、今力を入れることで、意外と目立てるかもしれない・・・と思っています。

理由を整理すると、

1)[お客様にメリットがある]忙しい現代人の生活を楽に、便利にしてくれる
→使うメリットは間違いなくある

2)[はじめやすい]価格も手頃、作業も簡単
→僕の購入したもので2つで1万5千円くらい。作業だってwifi環境を作って、スマホにアプリがあればあとは簡単操作。大げさでなく、3分で繋がります。

これどういうことかと言うと、皆様が本当に便利か試しやすいってことです。

 

そして、

3)意外と苦手にしている人が多い
→高齢者はもちろん、奥様、そして意外と旦那さんも、
「ネット」というものが絡むと「よくわからない」という人が多い。これが、できたら「スゴイ!」と言われ頼られる存在に。

今すぐモデルハウスに置いて、
入ったお客様にやってもらったら「おぉ!」となること間違いない!
(まだ、家にある人、やったことある人、少ないと思います)

 

・・・でも、これだけメリットがあって、やりやすいのに、
そして、山口が熱弁をふるっても反応がイマイチだったりするんですよね。

 

えっ? なぜ?

 

そう、それはある工務店さんがおっしゃっていたんですが・・・

「いやぁ、それ、私たちも苦手だもん!」

 

ズコーーー! (笑) #ボケ方が古い

 

でも、実際そうかもしれませんね。

不思議なもので、まだそこの専門って人、
太陽光専門! みたいに 家のIot化 スマートホームがめちゃめちゃ得意です! って人、まだ私は出会ってません。

何より、地元の住宅展示場で大手ハウスメーカー回っても、
置いてあるモデルなかったですよ。あったのは、情報が早い某青森のあの方たちのモデルハウスぐらい。

あんまり、詳しくないからメリットを感じづらいのか、あるいは取っつきづらいのか。

 

でも、だからこそチャンスでもあるかな、と。

実際は、もう先んじて、アフターフォローでインターネット周りをサポートしてあげることで、お客様に喜ばれている、大工さんの話、この前聞きました。

 

もちろん、これで家が売れるわけではないですが、
話の掴みになったり、時代にもしっかり乗った家づくりをしているよ! っていうアピール、特長を後押しする要素にはなるんじゃないかと思うんですよね。

冒頭例に出しましたが、

・ママを助ける便利グッズであり

・高齢者の生活の負担を減らすものであり

ですから、繋がりますよね。

 

と、住宅の話はこれくらいで、

今回言いたかったのは、

「周りが苦手にしていることって、結構狙い目!」ってことです。

来年のツタエル総会でご登壇いただく皆様も、業界の苦手分野(問題)に飛び込むことで、そのポジションを掴んだ方ばかりです。

ツタエル総会って? 詳しくはこちら

学芸会の悪役なんかもそうですよね。
みんなヒーローやりたいけど、悪役も大魔王ならずっとステージに立てる。

僕の好きな野球で言うと、
みんなキャッチャーってあまりやりたい! って人いないけど、
実は、ポジションを取ってしまうとずっと試合に出られる・・とか。

僕の小学生時代の話しても仕方ないですが、半分それで捕手の道を選びました。なんとなく、その方が将来よい気がして(笑)

 

やりたがらないから、やらない。
でも、ニーズはある。

そんなことを見つけて専門家! って言い切っちゃえば勝てるチャンスがグッと広がるはず。

はい、そんなお話でした。

 

アフターフォロー部隊の人とか、
身につけたらめちゃめちゃ重宝されるはずだけどなぁ・・・
「ネット周りで困ったことありますか?」 なんて。

 

あっ、くどい! ?

 

失礼しました! ではまた。

 

 

 

 

区切り、って感じでもないけど。

6年半、お疲れ様でした!! ってことで、金くんの送別会してきました。

 

彼が退職するということで、この1ヶ月は、彼のクライアント様とご一緒させていただいたり、話題にする機会も多かった1ヶ月でした。

その間、皆様からの彼に対するメッセージを聞くと、改めて、彼がこれまで残してきた実績というか、成果は大きかったんだなぁ、と感じました。

 

私も、前職より、就職・転職に多く携わってきましたが、成功する男の最後、区切りのつけ方だったと思います。

個人的には区切り、って感じでもないけど、今日から、それぞれの道。

 

共に頑張っていきましょう。

 

 

 

ブログも更新。

ミライエPROJECT様の見学会 以降、
フェイスブックの更新ばかりが目立つ山口です。。。

ありがたいことに、
ある社長様と繋がったら一気に友達が増えまくってしまって、
SNSの整理整頓に時間を取られていました。

ミライエPROJECT様以降出張続きで、
今週は1度しか出社せず終わりそうです。

・愛犬のための家づくりのコンセプトづくり
・受注確率を上げるするための顧客管理
・会社の魅力を伝えるためのホームページづくり

など、伝えながら、教わりながらの一週間でした。

ちなみに昨日は、
知る人ぞ知るあの久米さん(久米工務店様:現在ツタエルホームページ作成中)に、IHで作ったランチフルコースをおもてなしいただくというレア体験も。

 

さてさて、
今は仙台からの帰り道。

今日の講座もそうですが、
最近、風邪を引いている方もちらほらお見受けします。

季節の変わり目、
また、年末に向けてお忙しい時期と思います。
風邪をひいて年末苦しむようじゃもったいなですので、
体調管理お気をつけくださいね。

さて、ブログもまた更新していきますよ〜。
引き続きよろしくお願いします。

本を耳で楽しむ。

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる −audiobook.jp‎

今週は、
群馬
茨城
長野
東京
山形
と、仕事場が毎日変わる一週間を過ごしています。

▼長野にて。編集長サミットin長野

 

冒頭のキャチコピーに誘われ、まずはお試し。
一人移動の時に、オーディオブックを使っています。

(使ったことある方、いらっしゃいますか?)

 

現時点では、
作業だったり、
お弁当だったり、
基本的には、ながら聞きなので、
聞き流す、という使い方です。

なので、ガッツリ学びたいことというよりは、
ちょっと興味のある新しい分野についての本を聞いています。

たまにポーンと入ってくる単語など、
気になる言葉をメモしたり、調べたり。

結局、集中できてない!?
疑惑もありますが、もう少し使ってみたいと思います。

 

 

8月31日と言えば・・・?

 

野菜(831)の日?
夏休み最終日?

・・・野茂英雄の誕生日!!

出典:https://msp.c.yimg.jp

 

と、実際そう記憶している人は少ないかもしれませんが、そうみたいです。

私も、今日の朝礼で(今日は何の日的なコーナーで)そのような発表があり知りました。

続きを読む

先を見越してやっている活動がどれだけあるか?

「これ、面白そうだから行ってきてや」
渡された1枚のチラシ。

|新しい時代を予測する、社会デザインをする研究者

うん、確かに面白そう。

地元、小金井の商工会の主催する講演会に行ってきました。

メイン講師は 三浦 展(みうら あつし)さん。

消費社会、家族、若者、階層、都市などの研究から、
新しい時代を予測し、社会デザインをする研究者。
時代の流れの一般論から、小金井市(郊外都市)のあり方、
やり方について話をいただきました。

 

「新しい時代にどう立ち向かうか?」

このことは、時代の流れが早い現代において絶対に必要な視点ですが、

「今までのやり方をかえなければいけないのか?」
「これまでのやり方を否定されるのか?」

という不安から、実は目を背けたくなる内容でもあると思います。

 

実際の話は、いたってシンプルな内容でした。

 

ーーー社会のニーズに応える街づくりをすべき

というシンプルな前提の元、

ーーー社会のニーズがこのように変わっているよ、だから・・・

という話です。

 

■時代の流れ=超高齢化社会で求められる街とは?

・年齢を重ねても楽しく働ける街
・女性がずっと働ける街
・一人で楽しく行きていける、元気に働ける街

〜〜〜そんな時に必要となるビジネスとは・・・

ずっと働けるために・・・

例えば、
保育サービスとか、健康維持サービスとか、
ケアのサービス。
できないことを助け合うシェアのサービスとか。

そんな内容でした。

 

《「悩みごと」「願いごと」=ニーズ》
これがあって、はじめて「役立ち(悩み・願いの解決)」ができ、
商売が成り立ちます。

なので、

いくら良い商品であっても、
そこに、ニーズがなければ商売として成り立ちません。

以前、ニーズがあった商品でも、
今、ニーズがなければ商売として成り立ちません。

 

次に何をすべきか? を考える際、
どのニーズを掴むか? はとても大事です。

ニーズは溢れているけど、競合も多い分野に手を出すか?
ニーズは少ないけれど、競合も少ない分野に手を出すか?
は判断ですが、今、世の中の状況がどうであるかを知ることはとても大切。

今回の講習会では、
そのニーズを掴むために立てるべき「アンテナ」を授かった気がします。

 

 

そしてもう一つ、
その「アンテナ」を活かすために必要なことも、教えていただきました。

 

それは・・・心構え。

 

特に「先手必勝」で、
1歩、2歩先に出てやろう!

周りの様子を見ながら動く横並びではなく、
自分たちが中心になるんだ!

という心構え。
そんな心構えがある人でないと、動けない。

「今、社会はこうなっている」
「次、社会はこうなる」

そんな時代の流れにアンテナが立たない。
見越して、仮設を立てて動けない。

「先を見越してやっている活動がどれだけあるか?」

それこそが、
先生が一番伝えたかったことなのかな?
一番力がこもっていたような気がした、講演でした。

 

 

なぜなぜ期。

お盆明けたら、すっかり涼しくなりましたね。

クライアントさんとお話していると、

「朝の気温 11℃ですよ(長野)」
「場所によっては積雪を記録しましたよ(北海道)」
「新幹線に乗っている間に季節を飛びこえたてしまったようで、
プチ浦島太郎の気分です。(群馬)」

と、暑さは通り越したか? という雰囲気。
でもでも、ニュースではまたぶり返すので気をつけましょう!
なんてやってるし、ともかく過ごしやすくなって欲しいものです。

 

さて、先日メルマガで、
お盆休みに感じた子どもの成長ということで、
娘の「なぜなぜ期」について書かせていただきました。

とにかく「なんで?」が口癖。
本人的に納得するまで続きます。

 

「なぜ、トマトは赤いの?」

「なぜ、“1”は“ワン”っていうの?」

 

時には、答えがわからない質問も。

はじめはふざけて
「Googleさんに聞いてみようか?」
「OK Google♪」
「トマトはなぜ赤いの?」
なんて誤魔化していたのですが、
やっぱりちゃんと答えなきゃ! ということで、
どうやったら納得するのか? を調べてみました。

「OK Google♪」
「子どものなぜなぜ期の答え方を教えて」 (結局Googleさん)

すると、
「受け答えの方法」やら、
「知識のつけ方」やら色々な情報が出てきましたが、
個人的に納得できる答えがあったので紹介したいと思います。

■子どもが知りたいのは「原因」でなく「目的」
「●●するためなんだよ」と答えてあげる

 

確かに、かる〜く答えていたときは納得していなかった・・・。

↓意識してした実際の会話

山口「トマト、キレイな赤色だね」
娘「なんで?」

(こういうことか?)

山口「でも太陽の光をいっぱい浴びて、成長すると赤くなるんだよ。」

娘「そうなんだ!」

(おぉ、納得した)

前よりは反応がよくなりました。

 

しかし・・・

(でも、これは本当に目的を伝えられたのか?)
(本質・目的を見抜かないと子どもは納得しないのか?
ということは、子どもはわかっているのか?)

私は今、かえって頭を悩ませています。

 

(これ、かなり鍛えられるな)

そう思って「なぜなぜ期」を楽しんでみたいと思います。

 

もう一つ、難しいのが、

山口「ねぇねぇ、このお魚大きいね」
娘 「そう?」

 

・・・なぜ? を引き出そうとすればするほど、
娘の関心は離れていきます。

娘ちゃんのペースでいかないとダメですね(笑)

乗り遅れた。

ニュースで知りました。

今、「天体望遠鏡」が売れているみたいですね。
あるメーカーでは、6月の売上が前年比の3倍になったとか。

理由は、
15年ぶりの「火星大接近」があるから。

おぉ、そうなのか。
面白そうだ。

 

で、大接近はいつですか?

はい、7月31日です。
(そういえば、先日パートさんが言っていたような)

はい、完全に乗り遅れました。
(ちなみに、天体望遠鏡の売れ行きもピークは過ぎた気運)

 

まだ、見えるかも! と思って、
家から見える☆を撮ってみましたが・・・月か? これは。

 

う~ん、15年ぶりを逃してしまった。

 

でも実は、今年は火星に限らず、
天体を観るには良い年なんだそうです。

次は、8月12日・13日の「ペルセウス座流星群」だそう。

 

流れ星は久しく見てないので、
今度は乗り遅れないように、見つけて、お願いごとをしてみようっと!