チラシは誰のためのものなのか?

こんにちは。

お買い物専用ポイントに変換すれば50%増量! の謳い文句に誘われて、特に買う物も決まっていないのに手持ちの2万ポイントの変換をポチった山口です。

 

さて、前回のチラシの相談ブログを出した後、
早速、青森県のT社長よりチラシの感想依頼をいただきました。
参加いただいている情報誌編集長サミットの課題でもあったので、ブログきっかけかどうかわかりませんが、山口のテンションがあがるには十分なタイミングでの相談、ありがとうございます!

 

そうそう、チラシの相談を受けるタイミングって色々なんですよ。

 

研修の休憩中や、研修後。
私が営業で訪問させていただいた時など。

結構、不意打ちで聞かれることもあってなんか大喜利しているような気分になることもあります。

 

懇親会の席で話をいただくこともしばしば。

 

本当は、一つでもヒアリングさせていただいた後にお答えするのが礼儀かもしれませんが、こちらも酔っ払っている場合は思ったことをそのまんま言わせていただくことも結構あります。

 

昔、あまり思ったこと言いすぎて取り留めのない話になってしまったことがあって、それを反省して以来、一つ、意識的にチェックするポイントを決めました。

 

それが何かと言うと

「チラシは誰のためのものか?」ということです。

 

 

チラシって誰のためのものですか?

 

 

・・・?

 

 

質問を少し変えます。

 

 

チラシって、誰のために書かれたものですか?

 

・・・そう

 

お客様のために書かれたものなんです。

 

 

つまり、チェックポイントはお客様のために必要な情報が書かれているか? ってところなんです。

 

最近、特にツタエルの研修会に参加いただいた方々は、その後も熱心に色々勉強されて、以前に比べると自社の強みをとても上手に表現されているチラシを見ることが多くなりました。

 

 

が、しかし、ここでチェックです。

 

お客様ために書かれたチラシになっているか?

 

です。

 

 

どうしても、自社の強みを伝えたい想いが強くなってしまうと、自分たちはこんな良い家をつくっているんです。どう? 凄いでしょ? ってチラシになりがち。

それが悪いわけではないんですが、そこまでだとお客様が動かない可能性が高いです。

 

なぜなら、お客様にとってみれば「それが自分にとってどうメリットがあるか?」がわからないからです。

 

例えば、
「山口って、チラシの知識が詳しくてもう凄いんです! たまらんです!」って言われても、ふ〜ん、凄いね、立派だねというくらいで、なんとも思わないでしょ。

「だから、山口に頼むと、あなたのチラシの反響率を30%アップさせることができるんです」ってすると、チラシの反響率をあげたい会社さんは動きますよね。

 

つまり

自社の強みがお客様から見るとどんなメリットがあるのか? を伝えるべき。

 

この見学会に来ると、お客様は何を得られるのか?
が明確であれば、お客様は「行く、行かない」の判断ができると思いせんか?

これが、より良いチラシにしていくための一つのポイントです。

 

ぜひ、あなたの会社のチラシづくりにも活かしてみてください。

 

 

 

・・・それにしても「お買い物専用ポイントに変換すれば50%増量!」はメリットがわかりや過ぎて何も考えず思わずポチってしまった。

実は、ポチった瞬間、2週間の期限があることに気づきました。
外出自粛なので、3万ポイントの使い道を考えたいと思います。

 

分かりやすい記事にする方法。

おはようございます。
専門の記事を書くべき! と言い放ったくせに専門記事を毎日投稿するのに苦しんでいる山口です。

 

 

さて、とはいえ、書くべきということで今日は昨日あった質問への回答について共有したいと思います。

 

 

「チラシを作成したので見てください」

 

ありがたいことに山口のもとには毎日色々な質問が来ます。

ホームページクライアントさま
編集長サミットの受講生
その他のみなさま

そのような時は、その時パッと思いついたアドバイスをさせていただくことが多いのです。

 

 

昨日は、名刺を制作してくださったH社長よりLINEが。

 

そうそう、メールはもちろん、LINEやメッセンジャーやChatWorkや何種類もの連絡手段で来るのでタイミングがズレると返信が遅くなってしまうことも・・すみません。特にFAXでいただく方、ホント、すみません。

 

さて、質問内容は「情報誌の原稿にアドバイスを」というもの。

 

とっても上手にできている記事。

想いも入っている記事。

 

でも、そういう時に限ってやってしまいがちなことがあります。

 

 

1つの記事に伝えたいことを詰め込みすぎてしまう。
これをやってしまうと、本当に伝えたいことが伝わらないという現象が起こることがあります。

 

例えば・・・

今回施工した家は家族が笑顔になる建物です。
理由は、健康をよくする効果のあるこの素材にあります。
この素材に含まれる成分は実は国のこんな建造物にも使われています。
実は、その建造物に使われたことによって表彰も受けており、
私も見に行ったのですが、それは本当にスゴかったです。
ぜひ、皆様も一度ご覧になることをオススメします。

 

・・・どうでしょう? 今、印象に残っているのはなんでしょうか?

 

 

 

おそらく、最後に書かれている国の建造物の凄さであったり、
建物を見に行くことをオススメされた印象ではないでしょうか?

 

 

でも、そんな記事に限って、
記事の中で一番伝えたいことは冒頭に書かれている「今回施工した家は家族が笑顔になる建物です」ということだったりします。

 

書いた本人は冒頭に想いを託しているので伝えた気になっているのですが、読者には伝わっていません。今の例題は要素が2つくらいだからまだいいですが、これが5つくらいになったらもう何が言いたいのかわからない記事(注)になるのです。

 

これがいわゆる分かりづらい記事ってやつです。

 

この問題の解決策、私がHさんにしたアドバイスは1つ

 

①文章の最後に、本当に言いたいことをもう一度書く

 

やっぱりなんだかんだ人は一番最後に読んだ文章が心に残りますからね。

 

本当は書いたことを適宜削除して編集するのがベストかもしれませんが、
でもここまで書いたのと書いてある内容が言いたいことを邪魔しているわけではないので、そうアドバイスさせていただきました。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

僕もコレ、よくやってしまうんですよね。

文章ではないのですが、ポイントが3つあります! とか言って、
これも構成をしっかりしないと3つって情報量としては多いので、
結局何がいいたいの? って話になってしまったり。

 

話している途中で感じたら・・・

 

「色々いいましたが、何がいいたいかと言うと・・・」

 

とまとめてしまいます。

 

 

・・・あっ・・・

 

 

今回の記事、色々いいましたが、何がいいたいかと言うと、

 

1つの記事に1つのテーマをというのを意識すると、
伝わりやすい記事が書けますよ! ってことでございます。

 

 

 

では!

 

(注)5つくらい並べても伝わる書き方がないわけではないですが、難易度が高い

アブリダシ。

編集長サミットのアンケートが届きました。

 

 

あれ? 白紙?

 

アンケートをくださったY さんへ聞いてみると、

 

「炙り出しです」とのこと。

 

 

う~ん、事務所には火をつける装置がない。

だれもタバコを吸わないのでライターもない。

 

ということで、仕方なくIHでアブリダシをしてみました。

 

 

 

 

すると・・・

 

出てきた出てきた・・・

 

 

 

 

・・・んなわけなかろう(笑)

 

 

後日、正式なアンケートを送付いただいたわけであります。

 

▼編集長サミットのアンケート(現地・WEB同時開催)

ネットとの同時受講でしたが、やはり現地で受講した方が有意義だと思いました。
前回までの講習と比べると、やはり他の受講者さんとの意見交換などが少なく、
何か物足りなさを感じました。

 

 

とのこと。

なるほど。

貴重なアンケートです。

 

 

・・・

 

1)現地開催をするための方法を考える

2)他の受講者さんとの意見交換ができるように工夫する

 

・・・

 

まだまだ改善の余地だらけです。

 

他にも「初」のウェブセミナーにご意見多数。

 

WEBならではの良さ、という話があったり、
様々なお話をお聞きしながら、そのクラスの雰囲気に最適なサミットをお届けしていこうと思います。

 

 

プロの仕事。

 

遠足の時などで良く出てくる「バナナはおやつに入るんですか?」という質問。

大人になってからもふざけて使ったりしますが、よくよく考えるとその公式回答を知らないことに気づいた山口です。

 

入るんだっけ? 入らないんだっけ?

 

さて、やっぱりプロのだなぁと思う動画。

 

▼芸人さんは芸人さんなりのプロの仕事

 

さて、僕ももうひと踏ん張り!!

 

調べること1日1時間。

こんにちは!

先日、T社Sさんから誕生日プレゼント🎁とマスクをいただいたおかげで、キレイなマスクで出張に出られています、山口です。

#誕生日は過ぎましたがプレゼントはまだ受付ています

 

 

さて、

 

 

 

先々週末

 

 

コロナなのに・・・

と言われますが、でもここに至るまでにガチで1日1時間はコロナ関連の情報収集に時間を使っている山口です。

(ホント言うと、色んな意見や葛藤もあり、正解とは言えないかもしれまでんが現地の皆様にはもれなく大歓迎を受けました)

 

 

SARS2と言われる新型コロナウィルス、SARSとの違いは?

ポジティブに言うとこう、ネガティブに言うとどう?

首都圏封鎖が起こったらどうなるの? 先に封鎖したパリではどう?
→これは、僕も最新情報なのでせっかくなのでシェアします 辻仁成さんのブログ
それに関する記事はコチラ

 

岡田とも何か新しい情報があれば交換しています。

 

 

「ピンチはチャンス」

 

 

なんて、僕には余裕はありません。

 

「ピンチはピンチです」

 

 

(笑)

 

 

なので、とことん自分のできるだけの時間を使ってコロナを調べています。

その上で・・・

 

 

コロナの状況

世間の状況

とは言え必要な情報交換

とは言え子どもたちのガス抜き

 

とバランスを見て、決断しています。

 

 

と、家庭の話をしましたが、
事業ももちろんそうです。

 

 

間違いなく何かのピンチ。

 

 

その中で

 

ツタエルがピンチをピンチになるか
ピンチがチャンスになるかは、
僕は、

 

 

全く、とことん気にしないか

逆にマニアのごとく調べるか

 

 

だと想います。

 

 

で、僕は情報収集が苦手ではないので、その決断の方法として情報収集を選びました。

 

 

まぁ、ツタエルはある意味で情報を売っているようなところもあるので、
地方地方で工務店さんがどうやって考え対処するかの話も貴重ですし、
実際それを集約して考察して、今の時期にすら呼んでくれた会社さんには、
余すことなくお伝えしています。それが私の役割でもあるかな、と思っています。

 

 

 

で、なんでこんな話をしたかと言うと理由は2つあります。

 

 

 

 

▼理由1
とことん調べてみたら不思議と自分の中で答えが出せるようになりました。

 

お彼岸に合わせて、小淵沢に家族旅行。
プールで子どもとメチャ遊ぶ。
色んなバランスを見た中での決断の一つ。

(・・・提出が遅れているクライアントのZ建設さん、本当にすみません!!)

1つの情報を7つくらいの角度で見ると、自分なりの答えが出ます。
これは多分、僕だから・・・ってわけではないと思うので、
自分自身の答えが見いだせてなくて苦しんでいる方にはオススメです。

(注:本当は1日2時間くらいかかっています)

 

もうちょっと言うと

コロナにかかっていないのであれば、「チャンス」にした実例をつくるのがかかってない人の役目でもあるかも。

調べまくっていたらそんな風に思ってきました。

 

守り

攻め

 

色んなパターンを想定して行くと、ようやく「チャンスかも」と思える瞬間も出てきました。

 

 

▼ツタエルクライアントさんにはツタエルを上手に利用して欲しい

 

コロナに詳しいから・・・

というわけではないのですが、おかげさまでたくさんの住宅業界の情報が入ってきます。

また、できる限り電話やテレビ会議で情報交換を意識しています。んなもんで、多少話はできると思います。情報交換、もちろん経営者さんでなくてもOKです。電話は正直昼間は打ち合わせか、集中執筆中で出れないことが多いんですが、メールなら返します。

 

 

「いやぁ、そんなん言うても連絡するのは・・・」

「そんなに言うなら、まとめて話をしてよ」

 

 

と言う「心の声」

 

 

はい、聞こえましたよ。

 

 

 

 

そんなみなさまへ。

 

 

安心してください。

 

 

 

 

はいてます・・・ではなく、

 

隣にいる岡田が何か企んでいるっぽいです。

 

 

▼その情報逃したくない! という方はとりあえずこちら登録しておいてください
ツタエルメルマガ

 

 

以上、昨日〜今日は「愛知」〜「静岡」出張でした山口です。

 

▼出張戦略会議後の記念撮影

 

 

明日から2日間は、会社こもります。

ノーカット動画。

 

採用活動において、合同説明会や面接が自粛ムードの中、
よりホームページの中で強く訴求したい!

 

ということで、会社の様子を静止画+動画を撮影して伝えることに。

 

 

 

写真で見たものが実際に動く。

動画のみでなくて、
写真を載せた上で、動画を載せるという方法は、
読み手の「もっと見たい!」を駆り立てる手段の一つ。

 

というわけで、今日は愛知県安城市のナカオホーム様にお邪魔して、
そんな採用ホームページ用の静止画&動画の撮影をしてきました。

 

 

 

 

・・・僕が(笑)

 

 

企画・監督・撮影=山口

演出・監修=中尾社長

 

 

「ナイスですね!」

 

と言ったかどうかはわかりませんが、
かなりの兼務ぶりでしたが、
なんとか、いい感じで撮影することができました。

 

▼デモ撮影に積極的に協力してくださる中尾社長
 

 

さてさて、協力体制は万全ですがどう撮影するか。。。

 

動画カメラマンではないし、

1カメ、2カメがあるわけではないし、

編集をするというのはちょっと面倒だし、

 

で・・・山口のヤヤ得意技が炸裂!

 

「30秒ノーカット撮影」

 

前職時代にやっていた採用ページで使う動画の短編ノーカット撮影の技術を駆使して、計7種類の動画を撮影しました。

 

カメラを止めるな! ではないですが、
ノーカット撮影はそれはそれで味が出て、
若干しくじり気味でも脚本がしっかりしていればなんとか乗り切れる性質があり、
結構オススメな手法ではございます。

(後で編集するから・・・なんて思っていると、
 以外と緊張感が外れてしまっていい動画が出なかったりもしますしね)

 

 

というわけで、先程無事完了しました。

 

ちなみにナカオホームさんは、
採用活動にZOOM(テレビ会議)を取り入れたり結構先進的な取り組みにも挑戦されています。

 

そんな先進的な会社のページに、山口撮影の動画が乗るのはいささか不安な点もございますが、でもでも、伝わるという部分ではライブ感も含めてその取り繕わない良さをお伝えできるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

どんな情報発信をすれば?

子どもと一緒にお風呂。

「どっちが早く服を脱げるか競争しよう!! ヨーイド・・」

「競争はやめよ!!」

ゆとりな子どもの親、山口です。

 

かく言う山口も、ドラゴンボール世代なので競争はあまり得意ではありません。

 

カカロットは、

勝つために戦うんじゃない。ぜったい負けないために限界を極め続け戦うんだ…!

byベジータ

 

みたいな所ですよね。違うかっ。

 

 

さて、この三連休、テレビやネットでは、コロナ問題を中心に世間では色んな人が、一般市民向けに色んなことを言っていましたね。

 

それこそ娘が「テセウスの船じゃなくてコロナ問題のニュースを見よう」というくらいなので、目につくだけでなく、注目して見ている人も多いのではないでしょうか?

 

一方で、このブログを読む多くは、ツタエルのクライアントさんだと思います。=ほぼ住宅業界に携わる方々。

 

情報を見る側である一方で、一般に向けて発信する側でもあると思うんです。

 

そう、発信する側って考えると悩みません??

 

 

「今の状況で、何を発信すべきか?」

 

 

そう思いまた、ブログの発信については私も専門の側面もあると思ったので今日は、こんな今だからこそ、ブログでどんな発信をすべきか? ということを山口なりに解説をしたいと思います。

 

 

まず前提として、良いブログというのはやっぱり反響があるブログかなぁと僕は思います。

閲覧数を基準にという意見もありますが、僕の場合、サンプルにするほど数がないですし(泣)また、テストでSNSに出したり広告をうってみたりしてるとその効果で数って変わるので、さらに言うと、数が増えたから反響が多いかと言うとそうでもないので、読者の心が動いた証拠である反響を成果の第一に考えています。

 

そこで、良いブログの発信の定義を、最近の山口ブログの中で「あの件さ」と直接の反響があったブログを分析し、その結果に基づいて辿り着いた1つの答えをお話したいと思います。

タイトルで煽ったくせにサンプル数めちゃ少ない根拠で大変申し訳ありませんが、でも、結構ハッキリした話があったので、その点は期待してください。

 

ブログでどんな発信をしたら反響があったのか?

 

それは、

「自分の専門分野」の情報発信をした時のブログでした。

 

コロナ問題、専門外と思いながらも色んな情報を仕入れて発信していた。それは結果としてはあまり反響がなかった。

逆に、冒頭の問題提起はコロナだったとしても、解決策が「伝える」という分野であった内容については、聞かれることが多かったんです。

 

理由は恐らく、専門分野の発信の方が役に立ったから。また、コロナ問題という専門外の情報は、質がやっぱりイマイチで信頼に足らなかったということだと思います。

(もう少しやりようはあったと思いますが)

 

 

というわけで、山口が今オススメするブログの発信内容はズバリ、専門分野の情報発信です。

 

ちなみにその表現方法として2つオススメします。山口の場合、どちらも反響ありました。

 

1)専門分野における、今のお客さんのお悩み解決情報

山口の場合・・・一歩を踏み出すためのベイビーステップの話などが結構反響ありました。

家づくりの分野で、お客さんが今悩んでいることはなんだろう? そう考えると良いと思います。

 

2)実際の取り組み報告と結果についての発信

山口の場合・・・ウェブセミナーの実施報告は色んな人から聞かれる話題です。あとは、出張の報告も。現地で見た、聞いた情報は信ぴょう性が高いのは、そりゃ当然ですよね。

今の工事の進捗や、会社ではじめた新たな取り組みなどもそれにあたるのだと思います。

 

 

というわけで、今週は少しそんな発信を意識したいと思います。

※ちなみに山口のSNS(特にFacebook)は、また違った目的でやっている所もあるので、必ずしも沿わないかもしれませんのであしからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験が。

「出来ました!!」

と送っていただいたWord1ページの原稿。

 

2分後に「再考します」と言わせてしまった山口です。(注ー1分後に再考してもらいたい理由はビッチリ書いて送っております)

 

 

あっ、なぜその原稿が再考になってしまったかって?

 

親子3代が幸せ暮らすためにオススメしていたはずが、気づいたらスペックの自慢話になってしまっていたから。

 

もったいない!!

 

想いが人の心を動かします。

特に自分の体験を想いにしたモノは人の心を動かします。

 

 

自分の芸人としての体験を小説にした「火花」

自分の彼女のダイエットをサポートした経験から生まれた「ライザップ」

自身の遠距離恋愛が基でできた「ZOOM」

 

そうそう

 

昨日ブログで書いた100日後に死ぬワニも、作者の友人が交通事故で亡くなったことから描かれたと言われています。

 

 

もちろん、想いが全くない商品であれば、そこまで言いません。

でも、その送られてきた原稿の冒頭にはその想い断片的にしっかりと刻まれていたように感じました。

 

冒頭は少し心動いたんです。

 

 

なので、もう一歩だと思います。

 

 

Yさん。

 

編集長サミットの時よりずっと厳し目な採点でビックリされたかもしれませんが、もう少しだと思います。

 

 

よろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

友人

 

 

 

 

100後に死ぬワニ。

 

いくつPayすれば良いのでしょうか? 山口です。

 

さて、100日後に死ぬことが決まっているワニの日常を描いたTwitter上での4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」ご覧になりましたか?

 

妻がたまに読んでるということで知った物語なんですが、結構話題になっているようですね。

 

100日前から始まった物語が今日、その100日後を迎えるということで話題になっていました。

 



 

個人的には、ちょっと後半から知ったためか世の反響ほど熱狂はしていないのですが、でも、作者の言う、人には必ずラストがあって、そこへの意識を持つ大切さを改めて考える機会になりました。

 

 

「終わりは必ずある」

 

 

その最上級が「死」ではあると思うのですが

 

 

どんなことにも終わりはある、例えばこれから始めようとしているプロジェクト、例えばの例えばで言うと、仕事だって、もっと小さい単位で言えば、研修というサービスだっていつか終わりはあります。

 

「終わりを意識して始める」

 

いつまでも続く(ような気がしながら)と思うのと

あと何日だと思ってやるのと

確かにその行動は変わりますよね。

 

今の自分には必要なことかも!!

 

っていうのが、100日後を見た感想です。

 

というわけで、終わりを描かず書き始めたブログをこの辺で終わりたいと思います。

 

お供。

 

 

きっかけは私自身の体験です。日々、ペットボトルの飲み物を買っていたのですが、ある時、小さなサイズの280mlのペットボトルしか選ばない自分に気づきまして。

ーーーポケトル開発者 小林祐介さん(東急ハンズウェブより)

 

 

最近のお供はコレ。

 

 

これからの水筒はポケットのに入る。で爆発的ヒットを飛ばした120mlの小さな水筒。

 

一口飲みたい。

 

だけなのに、自動販売機でお茶を買っていた山口の無駄遣い防止に一役買ってくれています。

 

「これまで世の中になかったのはニーズがなかったからなんだよ」

 

小林さんポケトルを提案したとき多くの人にそう言われたそうです。でも、自分が必要だと思った信念に基づいて開発し、成功させた。

 

 

ですよね。

 

 

じゃないか。

 

 

勘って誰にでもあるから、ソレに基づいて行動できるかどうか、ですね。

 

 

その物語も込みで毎日お茶を入れて持ち歩いています。

 

 

でも、不思議なんだよなぁ。

 

 

持ち歩きはじめると喉が渇かなくなる(笑)