動き出したか?

ここの所は落ち着いて制作活動に励むことができている山口です。

 

そろそろ皆様の動きも出てきたかな、と思う今日この頃。

来週の和歌山出張をはじめ、
今月、来月でパンフレット、ホームページ制作の撮影が3件。
調整中の件も2件。

特に、お客様の撮影などは延期に継ぐ延期で先が見えなくなっていたものもあるのでひとまずホッとしている所です。

 

そんな動き出しって意味で
・・・もう一つ気になっていることが。

 

年始のツタエル総会。
できるかな。
やるかな。
やっちゃえ!かな。
でも、やっぱりかな。
でもでも世の中の講演会は結構始まっているぞ! とか。
でもでもツタエル総会のウリである交流ってどうすんねん! とか。

色々です。

 

会場として予定している品川プリンスホテルの担当者さんと進捗を確認しながらまもなく決断の時。

 

そんな迷い発言しておきながら基本的には前向きなのですが、
・・・皆さんからの後押しコメントをいただけたりすると、嬉しいです。

 

相続時精算課税制度。

好評につき、3期までにもなっている家とお金のスペシャリスト養成講座。

 

今日は2期の最終回でした。
最終回は活用講座。

これまで学んだ話を、
実際に使った事例に落とし込み、
最終的に使える知識・資格にしていく回です。

 

今回は“私を含め”全員が相続診断士の資格試験に合格し迎えることができました。

 

 

工務店の皆様には、ご商売としてリアルな事例。
私にとっては、身近な事例ということで参考にさせていただきました。

特に気になったのは「贈与」の話。
相続時精算課税制度という、子・孫への生前贈与を子・孫が選択により利用できる制度ですが、子世代としては「実は利用したい」という想いがあるようです。

 

子ども:35歳 
親:65歳
35歳は、教育、住宅購入などお金がかかる時期。
実際に相続がかかりそうなときは、85歳で計算すると20年後?
20年後には子どもは55歳 その時には子育ても一段落。
それほど、お金はいらないかも・・・(子世代の本音)できればお金のかかるときに贈与されたい。

 

受験時は知識として学んでいたものが、リアルな事例を見ることにより、なんだか身近な存在になってきました。

 

いやぁ。
知っていると知らないのではこんなにも違うんですね。
人が作ったルールだから、法律の意図をしっているだけでも、
有効活用の方法が見えてきました。

(何にせよ、親子の話し合いですけどね)

 

さて、全5回の研修が終わりました。

今回、皆様充実な表情で終われたのは、全員合格! という成果に導いてくださった株式会社ディフェンド 代表取締役の遠藤さんのおかげです。現在、ホームページリニューアル中のディフェンドさんは、相続の相談はもちろん、5年後の夢を叶えるための「事業計画作成」などのサービスも行っています!

ツタエルも創業期からお世話になっており、頼りにしている存在です。

 

遠藤さん、ありがとうございました!

 

 

あっ、そうそう。
今日は、インターン生も一緒に勉強を。

 

ツタエルメンバー以外の講師さんの研修を聞いて、
なにを感じたか、なにを学んだか?

金曜日にレポートしてくれるみたいなので、ぜひブログにもご注目ください。

 

 

 

ガチ。

SNSに投稿したのでもう伝えている気になってしまっている山口です。

 

ブログが公式。

ブログに投稿されたらそれが本物の話です。

 

 

ガチプレ。

お客様に自社の家づくりの価値を伝えるプレゼン台本づくり。最近、何屋? と言われることもありますが、本業はコレ。ガチです。

 

 

山口が3回の研修をするのですが、間の個別相談が1番盛り上がっている説もありますが、

フォーマットに沿って考えてみる。

そうすると個別の課題が浮き彫りになるので個別相談で軌道修正する。

この手順があって機能します。

 

いい感じです。

 

いやいやしかし、

まだ半分が終わったところ。

 

残り2回でさらにグッといきましょう。

 

 

コロナが終わったころな。

 

編集長サミット仙台3期。本日で最終回でした。

最後もリモート。

 

「うん、やっぱり一度は顔を合わせて。飲んだり話したりしたいですよね」

 

みんなの感想でした。

 

 

そんな風に思える最終回。

その想いが叶う日が来るという楽しみが残ったということを喜びたいと思います。

 

 

みんな!

コロナが終わったころな!

 

 

 

 

 

 

サラリとえらいこと。

「ハンバーグが好きで、美味しいハンバーグを食べに静岡まで食べに言ったんです。」

朝礼の桝田くんの1分トーク。

 

知ってます?

静岡で有名なハンバーグ屋さん。

そう「さわやか」

僕も一度行ったことがあり、美味しかった記憶があります。

 

 

美味しいから、遠方でも食べに行く。
美味しくてとっても感動しました。
幸せな気分でした。

 

期待を超えるサービス。
とてもシンプルな発表に逆に気づかされた山口。

 

「その話、ブログに書きなよ!」

 

と言うと、即ブログにアップしてくれていました。

桝田ブログ

 

・・・ふむふむなるほど。行列ができたんだね。

 

 

「日曜ってこともあってなんと130分待ちでした。」

 

 

130分!!

 

待ったの?

 

待ったそうです。

コメダ珈琲で時間を潰したらしいです。

 

コメダにいる時間の方が長いじゃん!

 

 

それでも、食べたいハンバーグ。
こんな市況でも。

 

外食しよう! という時にファーストチョイスになる、
根強い人気のある店は強いですね。

 

SNSの使われ方。

情報誌編集長サミットや、
9月からはじまったガチプレなど研修。

 

参加者がその様子をSNSにアップしてくれています。
僕が写真を撮っていないから・・・ではなく、
自主的にご自身の活動として。

嬉しいですね。

 

 

 

SNSで幅広く伝えるためにどんな投稿をしよう、
どう使おう? ってよく考えます。

でも、SNSはコミュニケーションのための道具。
どう使われるか?

 

あなたのイベントをお客様がつぶやいてくれる。
使ってくれることが一番ですよね。

 

この輪が広がるように、大切にしたいと思います。

ありがとうございます。

 

「山口さんの担当分も終わりました!」

 

・・・恐縮です。

コインランドリーの2号店オープンにあたって認知度向上のためのポスティングです。社員やパートさんも含めて分担してやっているのですが、出張や打ち合わせなども徐々に増えており、ちょっとスグにはできなそう。

モジモジしていたら先回りして済ませていただいちゃいました。ホント、助かります。

 

地域ポスティング。

工務店さん同様、地域の商売なのでこのような地道な種まきが結構効いてきます。実際、1号店も認知度があがってきて営業も安定してきました。

初めてまいたときにスグ効果があるか? というとそうとも断言できないのですが、何度もまいている地域とまでになってくると、毎度毎度お客様が増えてくるのを感じます。

 

ちなみに巻いているのはこんな感じのチラシ。

 

・・・手書き。いい味出てますよね♪

 

 

 

試験べんきょう。

 

久々に使ったFacebookのストーリーから写真が抜けたので、
今日のブログはこちらで終わりたいと思います。

 

火災保険の資格試験はなんだかんだ言って、
知識も過去問も「受かる」感じがあったのですが、今回はまるでない。

しかも、
相続診断士講座の同期生がみな「合格しました!」の報告。

 

焦る〜。

 

まぁ、焦っても仕方ないし、ブログ書いていても相続診断士は受からないのでこの辺にしたいと思います。

 

よ〜し、ガンバロウ!

ガチプレ開始!

ずーっと書いていたブログがふと止まると次の一歩が書きづらくなる。
でも、よくよく考えたらそんなこと気にしても仕方ないな・・・と、いい意味で開き直ってきた山口です。

 

今週は、本当に1週間が1日くらいの感覚。
だからそう、ブログも感覚的には1日ぶり。

 

さて、今日はツタエルの新サービス
次回アポを獲得するためのプレゼン作成研修「ガチプレ」の初回。4社4名さまとのスタートです。

 

プレゼンは、
自社の言いたいことを言う場ではなく、
お客様の●●をする場。

 

初回のお客様のお悩みは、
家のことではなく実は・・・

 

自社の魅力を伝える説明の仕方の基本。
何をではなく「●●」から伝えよう。

 

プレゼンは1対1での勝負。
これまでマーケティングを主として伝えてきたセミナーの中で、
対面した時はこうするといいですよ! と+α的に伝えてきたことを体系化してお伝えしています。

そのためか。
今回はツタエルで何度も研修を受けてくださる方々ばかりだったのですが、新鮮にお話を聞いていただけたり、またこれまで培ったものを、もうひと回り大きくするきっかけになっていただけた(かな)と思います。

 

 

・・・さて、今日から開始。

 

おかげさまで、もう1クラス14日からスタートするので頑張ってまいりたいと思います!

 

顎が擦れて、ヒリヒリ。

昨日の編集長サミット。
表情も含みで研修かなぁとも思い、
いきなりステーキでお馴染みのコレに挑戦。

笑顔の見えるマスクですね。

 

 

 

 

話すこと2時間。
唇の下、顎の上の部分がヒリヒリ痒く。

後半はちょっとしんどかった。

 

お店の人、
どうやってるんだろう?

 

見た目は自然な表情に近いので、
もし長時間つけてもヒリヒリしない方法があれば、
今後もつかいたいなぁと思った笑顔の見えるマスクでした。